都会で奇跡のやまびこ?

錦戸亮さんを応援しています

山ちゃん若林くんバカリズムの結婚から錦戸くんに想いを馳せた話

こんばんは。梓です。
本当はアルバムの感想後編を上げる予定だったんですが、個人的大衝撃のニュースが飛び込んできたことからそちらを先に書きたいと思います。
バカリズム升野さん結婚ですよ!びっっっっくりでしたよ本当に。


私のツイッター(@ebhr1015)をフォローしてくださっている方はご存知と思いますが、私はお笑いファンです。というか元々お笑いきっかけでツイッターを始めましたし以前のブログはお笑いライブのレポが中心でした。そして私が人生で行ったことのあるライブビューイングは3回なんですけども、最初がバカリズム単独『image』、次が南海キャンディーズ山ちゃんとオードリー若林くんのユニットライブ『たりないふたり』、そしてその次が錦戸くんの『NOMAD』ツアーファイナルでした。奇しくも今回書く面子なわけなんですけども。
でもって。なんで彼らが好きなのかという理由なんですけども、もちろん色々あるんですが大きなものとして、【自分の中に欠けているものがあってそれを埋めようとして創作をする人】にものっすごい惹かれるんですね私が。上にあげた4人の共通項はそこだと私は思っています。
そして山ちゃんに関しては結婚で欠けている部分が埋まらないと確信したからこそ結婚したのだと思いますし、若林くんもそうなんだろうなと思うんですね。ただ正直升野さんに関しては(私がお茶の間ファンだからというのもあるんですけども)、分からないなというのが本音です。埋まらないのなら今まで通りのネタを作り続けられるんでしょうし個人的にもそうであって欲しいんですけども、こればかりは時間が経たないと分からないからなあ、と。
とはいえ結婚自体は本当におめでたいことなので。升野さんおめでとうございます!




さてここからが本題。
升野さんの結婚で色々考えた時に、錦戸くんっておそらく自分の中でものすごく枯渇しているのだろうなと思った次第です。完璧なものを求める人だなというのはド新規ながら感じていたんですけども、自分の中で足りていないものを埋めたくて、例えるなら綺麗な球体にしたくて常に必死なのだろうなと。
先日の『スッキリ』でのインタビューで錦戸くんは、自分はそれほど歌がうまいわけではないということを言っていましたけども、それって謙遜やそんなことないよという否定待ちではなくて本人としては本気でそう思っているのだろうなというのは見ていて感じました。確かに上を見たらきりがないですし、錦戸くんって歌上手いと思いますけど例えば世界で一番上手いかといったらそんなこともないわけで。そういう意味でも常に現状には満足していないのだろうなと。
ただ、もし仮にですけど錦戸くんが世界で一番歌の上手い人になったとしても、それでも彼が本当に満足することはないのだろうなと(勝手に)思います。それは彼の中で完全体の球体ではないのだろうなと。作詞作曲に関してもそうで、どれだけ素晴らしい曲を作ったとしても100%の満足は得られないのだろうなと思います。
これを言ってしまうとアレなんですけども、錦戸くんっておそらく何をしてもどうしても完全に満足することというのがないんじゃないのかなと私は思っています。どれだけのものを作ったとしても世に出したとしてもどれだけ技術が上がったとしても。それこそ世界中が称賛したとしても。そして個人的には、何をしても何を作っても完全には満足出来ないということと引き換え(という言い方も変かもですが他に思いつかなかったので)にあれだけの才能を手に入れた部分があったんじゃないのかなとも思っています。
身も蓋もないことを言いますけども、才能って持っているだけでは何の意味もなさないんですよね。使いこなして外に出して初めて意味を持つのであって、才能の無駄遣いをしている人も活かせないままに終わる人もたくさんいるわけです。
という状況の中で錦戸くんが才能を活かせた理由はジャニーズ事務所という比較的本人の意思に任せてやりたいことをやらせてくれた環境も大きくあるでしょうし、そしてその中で本人が常に枯渇して欠けている部分を埋めたいと必死になったからなんだろうなと。もし彼が現状に満足する人であったらこれほどまでに必死にはならないでしょうし。


錦戸くんが事務所を退所した時、早くても新たな活動は来年以降だろうなと思っていたんですね。その理由のひとつとしては今まで忙しかった分少しはのんびりしたり遊んだりしたいだろうなと。それこそ1ヶ月くらいハワイに行ってサーフィン三昧とかしたいかなと思ったんですが、まさかの最速ソロデビューで。
それはもちろん私たちファンに対しての配慮もあったと思うのですけども、遊びでは彼の中の空白部分は埋められないということでもあるのだろうなと思います。何かを作って何かを発信していかなければある意味やっていけない人でもあるのだろうなとか。


とか考えていると、100パーセントの満足はないという時点でなんというか、ああー……、となってしまうんですけども、でもおそらくそれが彼の原動力でもあるのだろうし、赤の他人が何を幸せで何を幸せでないかと判断するのも違うと思いますので、これからも錦戸くんの発信するものを創作するものをありがたく享受する日々を過ごしたいと思っております。なんだこの終わり方(笑)。

錦戸亮 アルバム『NOMAD』感想・前編

こんばんは。梓です。
とうとう出ましたねー『NOMAD』。もうずーっと楽しみにしていましたよ!
といっても10月1日からソロ活動をはじめてまだ2ヶ月経っていないんですよね。え?2ヶ月!?嘘だろ!?と打っていてなりました。めちゃくちゃ濃厚な2ヶ月だったなあ。いや正確には1ヶ月半なんですけども。えええ!1ヶ月半!?!?!?!?!?(終わらんぞこれ・笑)


聴いていてどの曲も本当に素敵で大好きで、これは全曲感想が書きたい!となりましたので久々のブログです。とはいえ私は音楽的なことは全くもって無知なので感覚だけで書きますので専門的なことを求められる方は他の素敵なブログを読んでいただければ。




ノマド
最初に聴いた曲がこれなわけなんですけども、すっごい力強いなというのが最初の印象。錦戸くんが音をシンプルにと言っていたこともあって、歌詞がすーっと入ってくるんですよね。人の背中を押しながら自分の背中も押しているのかなと歌詞を読んで思ったりしました。前を向きながらも不安も抱えて、目的地も分からないままこれが正解なのかも分からないまま、それでも前に進めることが嬉しいという気持ちが勝るのが素敵だなあと思います。


『ホンキートングラプソディ』
私は音楽的なことに関しては全くの無知なんですけども、この曲って不安定に聴こえるんですよね、曲調が。どこがどう、と具体的には説明出来ないんですが不安定な感じがして、それがまたこの歌詞に合うっていう辺りがもうね!歌詞カードの文字がこれだけちょっとずれているのもまたね!
それにしても
>皆んなあなたみたいに
>器用じゃないのよ
と、めっちゃくちゃ器用にあれこれ仕事をする錦戸くんが書く辺りがもうね!
と思ったんですけど、錦戸くんって仕事面は器用ですけど対人関係というか生き方というかそういう面ではあまり器用ではないよなと思う次第です。そういうところも好きなんですけども。ただ、器用ではないからこそひとつひとつの関係を大切にしているのだろうなと思いますし、それは今の仕事ぶりにも繋がっているなと。


狛犬
サラリーマンを一度も経験したことのない錦戸くんがこういう歌詞を書く辺りがまたね。これもですし『ホンキートング~』もですけども、不器用なりに何かを頑張っている人に対して優しいんですよね、歌詞が。錦戸くん自身が何かに頑張っている人を(結果が出ている出ていないに関わらず)絶対にバカにしないしきちんと評価するところが大好きなんですけども、そういうところが出た歌詞だなと思います。最後に背中を押される辺りもまた。


オールドスクール
どの曲も大好きなんですけども、もし3曲選べと言われたら絶対にこの曲は入ります、というくらい好き。めちゃくちゃ可愛いんですよね。よくよく歌詞を読んでいるとただのノロケじゃないのかという気もするんですが(笑)、なんとも素敵なカップルだなと。そしてこの「僕」も「君」も本当に大事なものが何かを分かっているのだなあと感じます。君だけでなく僕もおそらくオールドスクールという古き良きものを大切にしているのだろうなと。歌詞も曲も本当に可愛くて大好きです。


『ヤキモチ』
これまた可愛い曲でもうね!また、「嫌われないかな」→「嫌われないよね」→「嫌うわけないよ」の流れがもう!相手のことを知れば知るほど好きになるしその確信が強まっていくし、同時に相手からの愛情も感じているのだなというのが分かるのが素敵だなと思います。誰かを好きになったことがきっかけで本当にそれまで出てこなかった自分の新たな一面が出てくることってありますし、ああ私ってこういうところがあったんだなと気付くことがあって、そういう意味でも人を好きになるのって幾つになっても楽しいことだなと思うんですけども、この曲ってそういう楽しさが感じられるなと思います。


『いとしのエリ』
錦戸くんがお友達の結婚式で披露するために作った曲だそうで、お友達に色々エピソードを聞いて書いたと言っていましたので、おそらくほぼほぼ脚色のないお友達と彼女(エリさん)の話なのだろうという前提でこの先書きます。彼女めっちゃすごくない?ねえ!(突如アホ丸出しになる感想)。この彼女の本当のすごさって歌詞に明確に書かれている部分ではないところにあると私は思っています。だって日曜(休み)とはいえ午前3時に、【まだ彼氏とは呼べない関係】の相手から電話がかかってきて今から家に行きますって言われるんですよ。どう思います?(笑)。まず確実に寝ていたでしょうし、これから来ると言われたら何時に来るかも分からないから起きて待っていなければならないですし、着替えなきゃですし髪整えたりがっつり化粧まではしなくても眉書くくらいはするでしょうし、って考えるとぶっちゃけ面倒じゃないですか?(おい)。付き合う前の相手ですよだって。
彼女の好きなところがサビで描かれているわけなんですけども、>埃一つないフローリング、がこの彼が来た時だけ必死で片づけているわけではなく普段からそうなんだなというのがこのエピソードでわかるんですよね。だって午前3時に掃除機なんてかけられないじゃないですか。片付けなんて出来ないじゃないですか。普段からきちんとしているからこそ午前5時に来られても迎え入れられるわけで。しかも、>計画的な人生設計、で>美人、となれば夜はきちんと寝ていると思うんですね。美人というのは姿かたちだけでなく肌の綺麗さも含めだと思うので。おそらく規則正しい生活をして明日が休みだろうと夜は早めに就寝する人だと思うのですよ彼女。なのに午前3時に起こされて5時まで彼が来るのを(おそらく寝ないで)待っていて、笑顔で迎え入れてくれるってどんだけ出来た人なんですか、って思いません?いやもうマジでエリさんすげえなって思うんですよね私。もし私なら午前3時の電話とかそもそも出ないし急に来られても部屋片付けなきゃいけないから無理って言いますし(キングオブダメ人間)。
なんかこの曲だけやたら長くなったんですけどもう少しだけ。私この曲もベスト3に入るくらいに好きなんですけども、何が好きって皆優しいんですよね。彼女はもちろんですけどこの彼も彼女のことを大事にしていてずっと笑わせたいと思っていて、そしてこの曲を作った錦戸くんの視点も優しいなと。誰ひとりとして「たかが3分だったら始発電車で行けばいいのに」とは言わないんですよ。2時間走った彼も2時間待った彼女もこの曲を作った錦戸くんも。そこがすっごい好きです。




本日はここまで。続きはまた後日。

二宮くんの結婚はノイズでしかないと思った話

こんばんは。梓です。
久々のブログがまさかこんな話題になるとは思ってもみませんでした正直。いやマジでマジで……。


忘れもしない11月12日。私はフォロワーさんに救っていただいて錦戸くんのライブ『NOMAD』に行っておりました。その話はまた後日書こうと思いますが、本当に素敵なライブで幸せいっぱいな気持ちで帰りの電車に乗っておりました。
その帰りの電車でツイッターを見たらニノが結婚したという話が。
最初に思ったことは、またかい、と。
私は嵐では松本潤くんが好きなのですが、最近こそなくなりましたけど以前は季節ごとに松潤結婚とか見出しに上がっていましたし、そして何事もなかったように消えていっていたのもあり基本的には信じていないんですね。とはいえ一応確認してみたらソースがガセネタを流すような雑誌で、アーハイハイとか思っておりました。その時は。
なんですが、文春も言い出して、あれ?、と。
最終的に公式のFCでニノ直筆(?)のメッセージで結婚報告をしていましたが、私はこの時ですら何かのドッキリじゃないかと思っておりました。
なんでかといえば、この時期はないだろう、という思いがあったので。
だって20周年(しかも結成月)、ツアー中、ジャニーさんの喪も明けていないという時ですよ。まさかこんな時期にそれはないだろうと思ったんですが、本当にドッキリではなかったようなのでブログを書くことにした次第です。


タイトルにも書いた通りですが、個人的には、特にアイドルの結婚はノイズでしかないと思っております。
と書くと、好きな相手の幸せを願えないのか、とか言われそうですけど、これまた個人的には結婚イコール幸せだと思っていないので。
もちろん結婚で幸せになる人もいますしそこは全く否定しませんけど、アイドルに限らずなんでもそうですが、夢が叶えば幸せかといえばそういうことでもないですし、あと本当に個人的な話をすると身内が離婚しているので結婚イコール幸せとは全く思えないのですよ。担当にも推しにも幸せになってもらいたいのは紛れもない事実ですが、それが結婚かどうかというのは人それぞれだと思っています。
その上で、いや結婚して幸せだというなら良かったねとは思いますけども、でもそれはそれとしてこちらにとってはノイズでしかないよね、とも。
だってせっかくライブに行ったり円盤やテレビで見て楽しんでいるのにふと、『この人家に帰ったら奥さん待ってるんだよなあ……』とか思ったらそれはノイズでしかないじゃないですか。はっきり言って邪魔な情報でしかないんですよね。
別にこちらは結婚したいわけではないんですよ。特に私はですけど結婚が幸せだと全く思っていないので余計に。ただ夢が見たいだけなんですよ。なのにガンガン騒音を出されたら否が応でも目が覚めるじゃないですか。現実に引き戻されるじゃないですか。それが嫌なだけなんです。


別にアイドルだから一生結婚するなとは思いません。結婚が幸せと思う人もいるでしょうしそこも否定しません。ただ時期は選んで欲しかった。せめてツアーが終わるまで待ってもらえなかったのかなと思うんですよね。だって来月にはツアー終わるのに。なんなら5年付き合って同棲しているのだからあと2ヶ月待てなかったのかなと。
何度も週刊誌に撮られて一緒の旅行も撮られて直撃受けてヘラヘラしているのを見て、あー結婚するんだろうなとは思いましたけどまさかこんなタイミングだとは思わないじゃないですか!妊娠していないという報道を信じるなら余計に今じゃないだろうと。
本当になんで今だったんだろうと。休止後だったらある程度オタも覚悟していたところはあったと思うんですよね……。




繰り返しになりますが、アイドルの結婚はノイズだと私は思っています。ただ、ノイズって人によってとらえ方が違うんですよね、当たり前といえば当たり前ですが。気にならない人もいるし気になる人もいる。なんでこんなにうるさいのに寝られるの、という人もいれば、他の人が気付かないような音が気になって眠れないという人もいるわけです。
今回の件に関しても気になる人もいれば気にならない人もいるし気になるけど自分の中で折り合いをつけていこうという人もいるわけです。折り合いもつかないけど降りられない人もいますし、本当に色々な人がいると思います。それはもうそれぞれの感じ方の違いなので人に合わせる必要もないですし考え方が違う人はノイズの聞こえ方が違うんだろうなとか。






それにしても。
私が嵐ファンになった時、潤くんから入って今も潤くんが一番好きなんですけどもそれはそれとして、ニノを信頼出来なくなったら嵐ファンでいられなくなるなと思ったんですね。同時にそんなことあるわけないかーとも思っていたんですけどね、まさかこんな結果になるとは予想だにしていなかったです正直……。

失意の錦戸担がピューロランドで癒された話

まあタイトルのままなんですけども。
お久しぶりです。梓です。本当は十五祭のオーラスに制作解放席で行くことが出来まして、週末にでもその話を書こうかなーと思っていた矢先のね、あれにやられたわけですよ……。
9月5日の夕方にお知らせを受け取りまして、その日仕事中だったんですけどもジャニオタもエイトオタも一切明かしていなかったのに突然トイレに10分以上こもっていた私に何も言ってこなかった職場ありがたいなとか思った次第です。実際仕事にならなかったですし、翌日休みました……。ツイッターを見る限り皆さんきちんと仕事に行かれていたので、単にダメ人間ぶりが際立っただけだったんですけども。
ひとりで耐えられなさすぎて土曜日は錦戸担の友達を誘って飲みに行きました。それでだいぶ落ち着いたと思ったんですけど、やっぱり精神状態がアレな時に飲んじゃいけないなと。大して飲んでもいなかったのに家に帰ってから倒れました。家だったんで誰にも迷惑をかけなかったことだけが唯一の救い。
その後もなかなかにヤバい精神状態の中、仕事だけは行って、やたらめったら酒の量は増えて、「名古屋笑えー!」を思い出して笑顔を作るようにはしていたんですけども自分でも酷いなと思うような表情しか出来なくて、ひとことで言えば色々とヤバかったです。ざっくり書きましたけど正直このあたりの記憶自体があまりないです。


でもって。
ピューロランドに行こうという話はずいぶん前から友達としていて、でも予定が合わなくて9月にしようと言っていたんですね。9月だったら十五祭も終わっているからちょうどいいやと思っていたんですけども、まあまさかのね……。
そんな感じだったので一緒に行く友達も心配してくれて延期でもいいよと言ってくれたんですけども、でも逆にこれ外に出ないと私ヤバいなと思いまして行くことにしました。それが14日のこと。


結果から言えばめちゃくちゃ楽しかったです。
ピューロって割と家から行きやすいところにあるんですけど行ったことはなかったんですね。あんな楽しいところがあったとは、という気分です。でもこういう心理状態だったから余計に楽しめたのかなという気もします。
朝イチで行ったのですが、入ってまずキャラクターが何体かいまして一緒に記念撮影が出来ると。先着順なんですがギリギリ1体だけ間に合ったのでとりあえず並ぶことに。とりあえずというのは、あの、申し訳ないんですが私も友達もそのキャラの名前を知らないという……。いやでもね、サンリオってめっちゃくちゃキャラクターいるわけですよ。有名どころからそうでないところまでいっぱいいるんですよ。なのでね(ひたすらに言い訳)。
なんですが、でもそこはさすがサンリオ、知らないキャラでもめちゃくちゃ可愛いんですよ!見たらもう『可愛いー!』となるんですよ。やっぱり可愛いものを見ると気持ちが上がるんですよね。可愛いは正義!
ピューロのお姉さんが写真を撮ってくれるんですが、「1人1枚です」と繰り返し言っていたんですけど後で確認したら前後の写真も撮ってくれていて、なので「可愛いー」とめっちゃ愛でていたところもがっつり撮られていました(笑)。


館のレストラン(整理券制・ビュッフェ形式・70分)ではキャラクターがテーブルに来てくれるんですが、最初に来たダニエルくんが私の山盛りの皿を見て、いっぱい食べてお腹いっぱいになってねー、みたいなジェスチャーをしてくれてそれがめっちゃくちゃ可愛かったんですよ!友達がそこを写真に撮ってくれたんですけども、友達曰く「タイミング的に食べ過ぎて胃が辛い、みたいな感じになった」と(笑)。

f:id:miracle-yamabiko:20190922231305j:plain

確かに(笑)。


その後はキティちゃんの館に行きまして、そこはキティちゃんのお家(豪邸。さすが)の中という設定で、最後にキティちゃんと写真が撮れるんですけども、キティちゃんの対応がもうまさに神対応なんですよ!めっちゃめちゃファンサしてくれるんですよ!普段コンサートでファンサを求めるタイプではないんですが(ファンサうちわ持ったことないですし)、やっぱ嬉しいもんですねー。普段自撮りとか全くしないんですが(なぜなら自分の顔が嫌いだからね!)、その写真はあまりにもキティちゃんがトップアイドルすぎて買いました(1600円)。


そしてキティさん(あまりにもプロのアイドルすぎてさん付け)の後、マイメロディのキャラグリーティングへ。キティさんもなんですけど、マイメロさん(同じくさん付け)もめっっっっっっちゃくちゃアイドルなんですよ!めちゃめちゃ神対応なんですよ!
で、後で撮った写真を見て正直びっくりしたんですけども、私すっごい笑顔でした。
もうね、マイメロさんがあまりにも可愛すぎて可愛すぎて自然と笑顔になっていました。全然自覚もなかったんで写真を見てびっくりしたんですけども、あー私笑ってるわー、と。本当にあの日以来ちゃんと笑えなかったんですけども、笑えたことに驚きました。なんか同じことばかり書いていますけど本当にびっくりしたんですよね。そして実感しました。可愛いは正義!




錦戸くんのことに関しては今も全く飲み込めていないですし、今後も飲み込める日が来るとも思えない状況ではあります。おそらくですけど私なんかは一生分からない何かがあったんでしょうし、それを知れる日はおそらく来ないんだろうなとも思いますし。安田くんの病気や怪我の件でも思いましたけども、こちらに教えてもらえることは大体終わってからですし、もしくは知らされないまま流れていくこともありますし。
そして改めて思うのが、誰か(何か)を応援するというのはものすごいエネルギーがいるんだなと。エネルギーがなかったら応援することすら出来ないのだなと最近とみに思います。なので今は誰のことも応援する気力がないというのが正直なところです。
なんですが、ピューロに行くと癒されるんですよ。だってもうとにかく皆可愛いし何も考えずに可愛い可愛いと言っていればいいんですよ。キャラはみんな歓迎してくれるしとにかく可愛いんですよ。ただただ可愛いんですよ!可愛いってそれだけで癒されるし何度も言いますけど正義なんですよね。
なのですっかりハマってしまいまして翌週も行きましたピューロ。年パスも買いましたさ。しばらくはサンリオの可愛いキャラ達に癒されてパワーをチャージしていこうと思います。


ちなみにピューロにはBOYを持っていきました。BOY撮りにもハマったので次回は2体とも持っていきたいところです。

f:id:miracle-yamabiko:20190922231705j:plain
f:id:miracle-yamabiko:20190922231748j:plain

錦戸亮くんの好きなところを書きたくなった話

こんばんぬ 前はベリカの 梓です

なんかこの挨拶もめちゃくちゃ懐かしいなと思うんですが、初めて来られた方にしてみたらなんじゃそりゃという感じですよね。そしてお久しぶりの方はお久しぶりです。以前はベリカと名乗ってここでブログを書いておりました。

なんですが平日は仕事が忙しくて休日は体力を回復するためにだらだらしていたら終わるしで全然ブログが更新出来ない上に、ツイッターもJUMPは別垢でやっていたんですが全然呟けないどころか見ることも出来ない状態になっていたので削除して元々あった垢に統一しました。なので雑多に呟いていますがジャンルごとに分けるのは性に合わないんだなと思った次第です。そもそも面倒臭がりなのにジャンルごとで垢変えるとか出来なかった(気付くの遅えよ!)。そんな感じなので相変わらずエイトもJUMPも大好きですよ。エイトは札幌と名古屋行きます。JUMPは……日本に現場をください!(切実)。まあここの話をするとまた長くなるので今回は割愛。

 

ブログも新しくしようかとも思ったんですがせっかく書いていたのでこちらを流用しようと思います。気が向かれましたら読んでいただければ幸いです。

 

 

さて本日は、この間のレンジャーブログを読んで改めて錦戸くんが好きだーとなったという話です。

レンジャーブログはジャニーズWebで毎週木曜に更新されるエイトのブログですね。有料(月324円)ですが登録すればブログを書いている全ジャニーズの文章が読めますんでめっちゃお得かと。

でもって有料ブログに書かれている内容ですのでぼかして書きますが、錦戸くんはそこで、ファンに対して媚びる(とは書かれていなかったですが)といいますか、ファンが望む自分を作るという考えは逆に失礼であり、自分がカッコいいと思える自分でいたい、的なことを書いていたんですね。これは出来ればレンジャーを実際に読んでいただきたいんですけども。

で、もうこれがもう、なんかもう錦戸亮!という感じだなと思った次第です。

私が錦戸くんのどこが好きでどこを一番信頼出来るかといえば、『自分がカッコ悪いと思うことはしない』ことなんですね。誰かに「カッコいい」と言われたいとかではなく、あくまで自分がカッコいいと思うことを追求し、カッコ悪いと思うことはしない。そしてそれが世間の評価と違っていても構わないし自分はそこを曲げない、というところが本当にカッコいいなと思うのです。

だから例えばあのスケジュールの中(そして安田くんが満身創痍の中)で『All you need is laugh』のクオリティにこだわったりとか、どんなに忙しい中でもドラマや映画の台詞をきちっと覚えて極力NGを出さないとか、というのは何より自分がそれをカッコいいと思うからなのだろうなと。錦戸くんという人は良くも悪くも自分に正直な人なんだと思うんですけども、何より自分自身に対して正直な人だと思っているので、例えばぎちぎちのスケジュールだから多少クオリティが落ちた曲を出してもしょうがないよねとか寝る時間も無いくらいだから台詞が入ってなくても仕方ないよね、とかいうことを何より自分に対して言えない人なんだろうなと。

彼は自分の中に揺るぎない信念があって、判断も全て自分がカッコいいと思えるか、だと思うので、人の言葉には惑わされないのだろうなと思います。そしてその上で素直な面もあるので、誰かに言われたことでそれはそうだなと思えたら素直に受け入れる柔軟さもあるんだろうなと。

 

あくまで自分がカッコいいと思えるか、であって、人が見てカッコいいと思うか、はまた別の話なので、それこそ例えば自分が前に出て目立てたらいいやという考えにはならないのだろうなと思います。逆にそれは本人的にはカッコ悪いことなのだろうなと。だからこそお芝居でも自分が目立つような演技はしないし、本業の音楽に関しても錦戸くんが作る曲はメンバーそれぞれが活きる内容になるのだろうなと思いますし、それが錦戸くんの思うカッコ良さなんだろうな。

 

そして、彼は自分がカッコ悪いと思うことをしない、というのがあるので、それこそ週刊誌で色々書かれたりとか噂があったりとかしますけども、そういうのを見聞きする度に私はまず、『その選択をして果たして錦戸くんは自分をカッコいいと思えるんだろうか』と考えます。あくまで彼がどう思うかなので赤の他人の私に分かるわけはないのですが、でも短い期間ながら見て来て、それカッコいいと思うか?、という違和感を覚えることが多いんですよね、特に某スプリングの記事は。

 

 

そうそう、錦戸くんの好きなところのひとつとして、『自分は』これがカッコいいと思って実践するけれどそれが絶対的に正しいとは思っていないし人にも強要しない、というところなんですよね。ファンが望む自分になるのは逆に失礼と思う錦戸くんと全く対照的なのが普段からエゴサーチをしてファンの意見を掬いあげる丸山くんなわけなんですけども、丸山くんに対してエゴサはカッコ悪いから止めろ的なことを錦戸くんが言ったという記憶は少なくとも私にはないですし、検索してみてもそういう話は出て来ませんでした。裏で言っている可能性がないわけではないんですが、仮にそうだとしたらどこかでぽろっと誰がか言いそうな気もするのでおそらく言ってはいないのだろうなと。あくまで自分は自分の思うカッコ良さを追求するけれどそれを他人に強要したりはしないところもすごい好きです。あ、でも全く放置するわけではなくてこうした方がこの人はもっと良くなるという判断をした場合は積極的に言うんですけども。それこそ丸山くんだったら服をオシャレにしたらもっとカッコ良くなるとか。そういう、その人がやれば(頑張れば)出来ることであったりもっと向上したり出来ることに対しては言うけれどそうでなければ自分の信念と違っても口を出さない、というところも好きだなあと思います。

 

考え方や信念や生き様って見た目に現れるんですよね。30過ぎたら余計に。そういうところも含めて錦戸くんの外見がカッコいいと思いますし、それは造形云々だけではなく内面のカッコ良さもあるのだろうなと思っています。