都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPと関ジャニ∞

失意の錦戸担がピューロランドで癒された話

まあタイトルのままなんですけども。
お久しぶりです。梓です。本当は十五祭のオーラスに制作解放席で行くことが出来まして、週末にでもその話を書こうかなーと思っていた矢先のね、あれにやられたわけですよ……。
9月5日の夕方にお知らせを受け取りまして、その日仕事中だったんですけどもジャニオタもエイトオタも一切明かしていなかったのに突然トイレに10分以上こもっていた私に何も言ってこなかった職場ありがたいなとか思った次第です。実際仕事にならなかったですし、翌日休みました……。ツイッターを見る限り皆さんきちんと仕事に行かれていたので、単にダメ人間ぶりが際立っただけだったんですけども。
ひとりで耐えられなさすぎて土曜日は錦戸担の友達を誘って飲みに行きました。それでだいぶ落ち着いたと思ったんですけど、やっぱり精神状態がアレな時に飲んじゃいけないなと。大して飲んでもいなかったのに家に帰ってから倒れました。家だったんで誰にも迷惑をかけなかったことだけが唯一の救い。
その後もなかなかにヤバい精神状態の中、仕事だけは行って、やたらめったら酒の量は増えて、「名古屋笑えー!」を思い出して笑顔を作るようにはしていたんですけども自分でも酷いなと思うような表情しか出来なくて、ひとことで言えば色々とヤバかったです。ざっくり書きましたけど正直このあたりの記憶自体があまりないです。


でもって。
ピューロランドに行こうという話はずいぶん前から友達としていて、でも予定が合わなくて9月にしようと言っていたんですね。9月だったら十五祭も終わっているからちょうどいいやと思っていたんですけども、まあまさかのね……。
そんな感じだったので一緒に行く友達も心配してくれて延期でもいいよと言ってくれたんですけども、でも逆にこれ外に出ないと私ヤバいなと思いまして行くことにしました。それが14日のこと。


結果から言えばめちゃくちゃ楽しかったです。
ピューロって割と家から行きやすいところにあるんですけど行ったことはなかったんですね。あんな楽しいところがあったとは、という気分です。でもこういう心理状態だったから余計に楽しめたのかなという気もします。
朝イチで行ったのですが、入ってまずキャラクターが何体かいまして一緒に記念撮影が出来ると。先着順なんですがギリギリ1体だけ間に合ったのでとりあえず並ぶことに。とりあえずというのは、あの、申し訳ないんですが私も友達もそのキャラの名前を知らないという……。いやでもね、サンリオってめっちゃくちゃキャラクターいるわけですよ。有名どころからそうでないところまでいっぱいいるんですよ。なのでね(ひたすらに言い訳)。
なんですが、でもそこはさすがサンリオ、知らないキャラでもめちゃくちゃ可愛いんですよ!見たらもう『可愛いー!』となるんですよ。やっぱり可愛いものを見ると気持ちが上がるんですよね。可愛いは正義!
ピューロのお姉さんが写真を撮ってくれるんですが、「1人1枚です」と繰り返し言っていたんですけど後で確認したら前後の写真も撮ってくれていて、なので「可愛いー」とめっちゃ愛でていたところもがっつり撮られていました(笑)。


館のレストラン(整理券制・ビュッフェ形式・70分)ではキャラクターがテーブルに来てくれるんですが、最初に来たダニエルくんが私の山盛りの皿を見て、いっぱい食べてお腹いっぱいになってねー、みたいなジェスチャーをしてくれてそれがめっちゃくちゃ可愛かったんですよ!友達がそこを写真に撮ってくれたんですけども、友達曰く「タイミング的に食べ過ぎて胃が辛い、みたいな感じになった」と(笑)。

f:id:miracle-yamabiko:20190922231305j:plain

確かに(笑)。


その後はキティちゃんの館に行きまして、そこはキティちゃんのお家(豪邸。さすが)の中という設定で、最後にキティちゃんと写真が撮れるんですけども、キティちゃんの対応がもうまさに神対応なんですよ!めっちゃめちゃファンサしてくれるんですよ!普段コンサートでファンサを求めるタイプではないんですが(ファンサうちわ持ったことないですし)、やっぱ嬉しいもんですねー。普段自撮りとか全くしないんですが(なぜなら自分の顔が嫌いだからね!)、その写真はあまりにもキティちゃんがトップアイドルすぎて買いました(1600円)。


そしてキティさん(あまりにもプロのアイドルすぎてさん付け)の後、マイメロディのキャラグリーティングへ。キティさんもなんですけど、マイメロさん(同じくさん付け)もめっっっっっっちゃくちゃアイドルなんですよ!めちゃめちゃ神対応なんですよ!
で、後で撮った写真を見て正直びっくりしたんですけども、私すっごい笑顔でした。
もうね、マイメロさんがあまりにも可愛すぎて可愛すぎて自然と笑顔になっていました。全然自覚もなかったんで写真を見てびっくりしたんですけども、あー私笑ってるわー、と。本当にあの日以来ちゃんと笑えなかったんですけども、笑えたことに驚きました。なんか同じことばかり書いていますけど本当にびっくりしたんですよね。そして実感しました。可愛いは正義!




錦戸くんのことに関しては今も全く飲み込めていないですし、今後も飲み込める日が来るとも思えない状況ではあります。おそらくですけど私なんかは一生分からない何かがあったんでしょうし、それを知れる日はおそらく来ないんだろうなとも思いますし。安田くんの病気や怪我の件でも思いましたけども、こちらに教えてもらえることは大体終わってからですし、もしくは知らされないまま流れていくこともありますし。
そして改めて思うのが、誰か(何か)を応援するというのはものすごいエネルギーがいるんだなと。エネルギーがなかったら応援することすら出来ないのだなと最近とみに思います。なので今は誰のことも応援する気力がないというのが正直なところです。
なんですが、ピューロに行くと癒されるんですよ。だってもうとにかく皆可愛いし何も考えずに可愛い可愛いと言っていればいいんですよ。キャラはみんな歓迎してくれるしとにかく可愛いんですよ。ただただ可愛いんですよ!可愛いってそれだけで癒されるし何度も言いますけど正義なんですよね。
なのですっかりハマってしまいまして翌週も行きましたピューロ。年パスも買いましたさ。しばらくはサンリオの可愛いキャラ達に癒されてパワーをチャージしていこうと思います。


ちなみにピューロにはBOYを持っていきました。BOY撮りにもハマったので次回は2体とも持っていきたいところです。

f:id:miracle-yamabiko:20190922231705j:plain
f:id:miracle-yamabiko:20190922231748j:plain

錦戸亮くんの好きなところを書きたくなった話

こんばんぬ 前はベリカの 梓です

なんかこの挨拶もめちゃくちゃ懐かしいなと思うんですが、初めて来られた方にしてみたらなんじゃそりゃという感じですよね。そしてお久しぶりの方はお久しぶりです。以前はベリカと名乗ってここでブログを書いておりました。

なんですが平日は仕事が忙しくて休日は体力を回復するためにだらだらしていたら終わるしで全然ブログが更新出来ない上に、ツイッターもJUMPは別垢でやっていたんですが全然呟けないどころか見ることも出来ない状態になっていたので削除して元々あった垢に統一しました。なので雑多に呟いていますがジャンルごとに分けるのは性に合わないんだなと思った次第です。そもそも面倒臭がりなのにジャンルごとで垢変えるとか出来なかった(気付くの遅えよ!)。そんな感じなので相変わらずエイトもJUMPも大好きですよ。エイトは札幌と名古屋行きます。JUMPは……日本に現場をください!(切実)。まあここの話をするとまた長くなるので今回は割愛。

 

ブログも新しくしようかとも思ったんですがせっかく書いていたのでこちらを流用しようと思います。気が向かれましたら読んでいただければ幸いです。

 

 

さて本日は、この間のレンジャーブログを読んで改めて錦戸くんが好きだーとなったという話です。

レンジャーブログはジャニーズWebで毎週木曜に更新されるエイトのブログですね。有料(月324円)ですが登録すればブログを書いている全ジャニーズの文章が読めますんでめっちゃお得かと。

でもって有料ブログに書かれている内容ですのでぼかして書きますが、錦戸くんはそこで、ファンに対して媚びる(とは書かれていなかったですが)といいますか、ファンが望む自分を作るという考えは逆に失礼であり、自分がカッコいいと思える自分でいたい、的なことを書いていたんですね。これは出来ればレンジャーを実際に読んでいただきたいんですけども。

で、もうこれがもう、なんかもう錦戸亮!という感じだなと思った次第です。

私が錦戸くんのどこが好きでどこを一番信頼出来るかといえば、『自分がカッコ悪いと思うことはしない』ことなんですね。誰かに「カッコいい」と言われたいとかではなく、あくまで自分がカッコいいと思うことを追求し、カッコ悪いと思うことはしない。そしてそれが世間の評価と違っていても構わないし自分はそこを曲げない、というところが本当にカッコいいなと思うのです。

だから例えばあのスケジュールの中(そして安田くんが満身創痍の中)で『All you need is laugh』のクオリティにこだわったりとか、どんなに忙しい中でもドラマや映画の台詞をきちっと覚えて極力NGを出さないとか、というのは何より自分がそれをカッコいいと思うからなのだろうなと。錦戸くんという人は良くも悪くも自分に正直な人なんだと思うんですけども、何より自分自身に対して正直な人だと思っているので、例えばぎちぎちのスケジュールだから多少クオリティが落ちた曲を出してもしょうがないよねとか寝る時間も無いくらいだから台詞が入ってなくても仕方ないよね、とかいうことを何より自分に対して言えない人なんだろうなと。

彼は自分の中に揺るぎない信念があって、判断も全て自分がカッコいいと思えるか、だと思うので、人の言葉には惑わされないのだろうなと思います。そしてその上で素直な面もあるので、誰かに言われたことでそれはそうだなと思えたら素直に受け入れる柔軟さもあるんだろうなと。

 

あくまで自分がカッコいいと思えるか、であって、人が見てカッコいいと思うか、はまた別の話なので、それこそ例えば自分が前に出て目立てたらいいやという考えにはならないのだろうなと思います。逆にそれは本人的にはカッコ悪いことなのだろうなと。だからこそお芝居でも自分が目立つような演技はしないし、本業の音楽に関しても錦戸くんが作る曲はメンバーそれぞれが活きる内容になるのだろうなと思いますし、それが錦戸くんの思うカッコ良さなんだろうな。

 

そして、彼は自分がカッコ悪いと思うことをしない、というのがあるので、それこそ週刊誌で色々書かれたりとか噂があったりとかしますけども、そういうのを見聞きする度に私はまず、『その選択をして果たして錦戸くんは自分をカッコいいと思えるんだろうか』と考えます。あくまで彼がどう思うかなので赤の他人の私に分かるわけはないのですが、でも短い期間ながら見て来て、それカッコいいと思うか?、という違和感を覚えることが多いんですよね、特に某スプリングの記事は。

 

 

そうそう、錦戸くんの好きなところのひとつとして、『自分は』これがカッコいいと思って実践するけれどそれが絶対的に正しいとは思っていないし人にも強要しない、というところなんですよね。ファンが望む自分になるのは逆に失礼と思う錦戸くんと全く対照的なのが普段からエゴサーチをしてファンの意見を掬いあげる丸山くんなわけなんですけども、丸山くんに対してエゴサはカッコ悪いから止めろ的なことを錦戸くんが言ったという記憶は少なくとも私にはないですし、検索してみてもそういう話は出て来ませんでした。裏で言っている可能性がないわけではないんですが、仮にそうだとしたらどこかでぽろっと誰がか言いそうな気もするのでおそらく言ってはいないのだろうなと。あくまで自分は自分の思うカッコ良さを追求するけれどそれを他人に強要したりはしないところもすごい好きです。あ、でも全く放置するわけではなくてこうした方がこの人はもっと良くなるという判断をした場合は積極的に言うんですけども。それこそ丸山くんだったら服をオシャレにしたらもっとカッコ良くなるとか。そういう、その人がやれば(頑張れば)出来ることであったりもっと向上したり出来ることに対しては言うけれどそうでなければ自分の信念と違っても口を出さない、というところも好きだなあと思います。

 

考え方や信念や生き様って見た目に現れるんですよね。30過ぎたら余計に。そういうところも含めて錦戸くんの外見がカッコいいと思いますし、それは造形云々だけではなく内面のカッコ良さもあるのだろうなと思っています。

 

裕翔くんのことと圭人くんのこと(要するにとりんとりん)

こんばんぬ そういや来年 ベリカです

昨日誕生日だったんですけども、ネットを見ていたら来年の干支がいのししと書かれていてそういやそうだった、と。来年が年女なんですよ。なので12歳になりますーっておいこら(笑)。仕事行って飲みに行く12歳大問題(笑)。

 

なんで突然誕生日の話なんかしたかといいますと、昨日!裕翔くんが!2年連続の!ベストジーニスト受賞!という素晴らしい報があったからです。10月15日がベストジーニストの発表と聞いてからずっと、誕生日プレゼントに裕翔くん2連覇来てくれ!と密かに願っていたので。なのでもちろん来年は裕翔くん殿堂入りのプレゼントが欲しいです!(誰に言っているのか謎ですが・笑)。

WSも見ましたけどもめっちゃくちゃカッコ良かったですね裕翔くん!もちろんいつなん時もカッコいいんですけども!めちゃくちゃカッコいいなあと改めて思いました。顔だけでなく背も高くてスタイルもいいから似合うんですよねジーンズが。

そういやマイケルジャクソンのポーズ、最初写真で見た時はあのポーズのまま写真を撮っていたのかと思ったんですがWSで見たら一瞬で、カメラマンさんよくあの一瞬を捉えてくれたよありがとう感謝しかないよ!となりました。あのポーズがまためっちゃくちゃカッコいいですよね!今回やたら『!』マークが多いんですけどもそれだけ興奮しているということで。

 

そして『SUITS』の第2話も面白かったですねー。裕翔くん大活躍でしたし。それぞれの出演者との絡みも面白くてほんと楽しみです。視聴率はちょっと下がってしまったようですけど1話の見逃し配信が過去最高に見られたという話もありますし、別に今回に限らずですけどリアルタイムで番組を見ることって減って来てますからねー。どうしても視聴率で色々語られがちですけども、多角的に評価されたらいいなと思います。私が見る限りでは原作ドラマファンからも高評価ですし。

 

 

昨日のベストジーニスト授賞式の様子を見て改めて思ったのが、やっぱり人間自信を持つと全然変わるよなーということでした。私はド新規なので過去の裕翔くんやJUMPのことは映像や文章でしか知らないわけなんですけども、急に背が伸びたりそのせいでポジションが後ろの方になったりしていた頃とモデルの仕事をするようになって身長を活かせるようになってからとは、やっぱり輝きが違うんですよね。もう表情からなにから。もちろんどの時代も真剣に真面目にお仕事に取り組んでいたとは思うんですけども、湧き出るオーラみたいなものってそういう努力とはまた違うところにあるんだろうなとも。

また月9に呼ばれたり(しかも主役クラスで)、ベストジーニスト2連覇だったりということも裕翔くんの中で自信となって積み重なっているのだと思いますし、授賞式での輝きを見ると来年もぜひあの場所に!!!と思わずにはいられないです。

 

 

 

そしてジャニWebで圭人くんのブログも更新されましたねー!寮生活を送りながら勉強を頑張っているようで、圭人くんが日々色々なことを吸収しているのを垣間見れてこちらとしても嬉しいです。ちょろっと読んだだけでも相当厳しいというかものっすごい色々なことを教えてもらえる学校なのだろうなと思いますし、本当に遊んでいる暇などないのだろうなとも。2年間がっつりエンターテイメントの勉強をした圭人くんが帰って来た時にどんな風になっているか本当に楽しみです。

 

先程、自信が人を変えると書きましたけども、圭人くんもそこに当てはまるよなと思っています。実際相当大変だと思うんですよ学校生活。油断していたらあっという間に取り残されてしまうようなところだと思うんですね。もちろん学校だけではなくJUMPのメンバーも日々どんどん成長して上に行っているわけで、圭人くんはそれ以上のスピードで駆け上がって行かなければならないわけです。

ただ、それが出来れば本当に圭人くんの中で自信になるでしょうし一気に変われるとも思うんですよね。誰よりも優しいというその良さは活かしたままいい方向に向かえると思うんですよ。なので2年間突っ走って欲しいです。

 

 

今回のツアーは静岡に行かせてもらいまして、まだツアー途中なので詳細は避けますけどもあくまで私が感じたこととしては圭人くんの居場所はちゃんと残しているのだな、ということでした。別に8人が物足りないとかあそこ空いているなとかではないんですよもちろん。ただ、ネタバレになるかもなのとあくまで私が感じたというだけなので詳しくは書きませんが圭人くんが戻ることを踏まえて今8人でやっているのだなと感じたんですよね。

なのでほんと2年後が楽しみですし、9人揃ったHey!Say!JUMPが早く見たいです。

関ジャニ∞『GR8EST』名古屋と大阪公演に行って来た話 (ネタバレなし)

こんばんぬ まさかの暑さ ベリカです

昨日大阪行っていまして夜行バスで帰って来たんですが、夜行バスが暑過ぎて眠れなかったという。あんま寝れないんだろうなとは思っていたんですけども、暑さで、というのが予想外でした正直。エアコン稼働していたんかなあれ。

 

 

さて、『GR8EST』の名古屋と大阪に行ってきましたー。元々は名古屋だけの予定だったのですが急遽(1日前)にチケットを譲っていただける運びとなりまして速攻で大阪に行く切符とか手配しましたよ。なのでホテルは取れず日帰り弾丸旅行となりましたが行って良かったです!

今回は全体の感想なんぞを。曲名等は書きませんが感想は書くので感想もネタバレになるという方はこの先読まない方がいいかと思われます。

あーでも1つだけ!23日のライブが台風で中止になりましたけど、何がしかやれるように考えているから待っていてくれと錦戸くんが言っていて、安田くんもSNSで広めてと言っていたので先に書いておきます。

 

本編の前に昨日行ったところを少しばかり。

お昼を軽く食べるくらいしか時間が無かったので、ジャニ勉でヤンマーちゃんが行っていた蒲生四丁目へ向かいコロッケいまむらに行ってきました。実は先月も大阪に行ったんですけども、先月は無かったジャニ勉セットが出来ていて、さすがツアー中!となりましたよ。

f:id:miracle-yamabiko:20180826161654j:plain

 

ついでに先月の写真。先月は番組タイトルのステッカーだけでした。

f:id:miracle-yamabiko:20180826161739j:plain

 

あとふらふら歩いていたら見つけた看板屋さん。コロッケのお店のすぐ近くにありました。

f:id:miracle-yamabiko:20180826161821j:plain

 

 

さて本編。

正直な話をすれば、名古屋(21日の初日でした)に行くまでは私もかなり緊張していたといいますか、6人の関ジャニ∞を本当に受け入れられるのかという不安はあったんですね。もちろん彼らはJr.時代を含めれば20年選手のプロですからそれこそ喪失感のあるようなライブはしないでしょうし今の彼らに出来る完璧なものを出してくるだろうという信頼はあったんですけども、単純に、出来が良いと好みって別の話じゃないですか。もちろんいい出来なことにこしたことはないんですけども、出来が良いから好きになるかといったらまた別の話であって。

私はド新規ですけども、それでも7人の関ジャニ∞が大好きなのでね。一番好きなのはと訊かれれば錦戸くんですが、錦戸くんがいたらオールOKにはならないんですよ。これは好きなグループに関しては全部そうで、JUMPも裕翔くんがいればいいとはなりませんし、前にもちらっと書いたんですけどもグループを推すということはメンバー全員を(多少の程度の差はもちろんあれども)好きになるということなので。それに単純に、やっぱりすばるくんの抜けた穴は大きいよなとも思っていましたし。

すばるくんが抜けたことに関しては本人の意思ということもあり納得していましたけど、それとこれとは別なんですよ正直。すばるくんが抜けたことを納得する、と、6人の関ジャニ∞を応援する、と、この先すばるくんがソロで活動するとしてその活動を応援する、は全然別物なので、もしかしたらこの先関ジャニ∞のファンですと言えなくなるのかもしれないなと心のどこかで思いながら名古屋初日に行きました。

で速攻で結果を書きますけども、関ジャニ∞ファン止めれるわけなかったー!となりました。ライブを観て。

名古屋初日って札幌の後だったので2公演目で、彼らも(そして私が勝手に思っただけですが観る側も)ある種の悲壮感や覚悟を背負っての公演だった気がします。メンバーからは6人の関ジャニ∞を受け入れてもらえるのだろうかという不安を感じましたし、観る側からも6人の関ジャニ∞がどうなるのかという不安を感じたんですね。赤を身に纏った人もすばるくんのうちわを持っている人も結構見かけましたし、私が楽しめるかどうかもだったんですけどそういう人達が楽しめるかどうかという不安も正直ありました。

結果的にはそういう不安を全部吹き飛ばしてくれたライブだったなと思います。それはもちろん彼らの頑張りというのが一番大きいところだと思うんですけども、決して7人の関ジャニ∞を無かったことであるとか切り離したりせずに、その日々があったから今があるし、受け入れられない人は受け入れられなくてもいいよという各自の判断にゆだねてくれたという部分も大きいなと。

 

 

そして名古屋で私は初めて聴いた、(以前はすばるくんが歌っていて今は錦戸くんが歌っている)某曲某パートに鳥肌が立ってそれ聴いた瞬間泣きそうなって、1公演行ければいいやと思っていたのにどうしてもどうしてもどうしてもそのパートがもう一度生で聴きたい!となりまして東京のチケットを探していたんですね。という時にフォロワーさんが大阪のチケット1枚余っているというツイートをされていまして、期日が迫っていたのと金銭的な部分で(なんせ先月大阪と名古屋行って、来週名古屋行って来月静岡行くので)一瞬迷ったんですが、今回のツアー初日の札幌に行かなかったことをかなり後悔しているのでもうこれは行くしかない!と思いまして譲っていただきました。金なら仕事すれば稼げるけどライブは一期一会なんじゃー!

ということで昨日大阪行ってきました。

レポで、名古屋2日目からは大分メンバーもリラックスして楽しそうにやっていたと読んだんですけども、大阪も本当に楽しそうで、なんというか、6人の関ジャニ∞も受け入れられるんだという安心感が彼らの中に出てきたのだろうなという気がしました。地元ということもあって本当に楽しそうだったなあ。もうそれだけで感無量ですよ。

某曲某パートもやっぱり鳥肌が立って、またそのパートを歌う時の錦戸くんの顔がね!めっちゃカッコいいんですよ。すごい覚悟を感じるというか。

安田くんはまだ本調子ではなかったですけども、ステージに立っている時はすっごい元気そうで良かったなあと。おそらく無理はしているんでしょうけども、心配しながら観る感じではなかったかなと。名古屋は結構ハラハラしましたが。

 

 

私は女性アイドルも好きで以前はハロプロのFCにも入っていたんですけども、加入卒業が当たり前となっていることに疲弊しまして離れたんですね。加入はまだいいんですよ。でも卒業はやっぱり辛いですし、今はそこまでではないにせよ私が応援していた頃はツーショット写真1枚世に出ただけで辞めちゃうとかありましたから。そうなると卒業公演とかなくて、ある日突然辞めてしまうんですね。個人的に一番忘れられないのが、友達が名前は伏せますが某メンバーのファンだというのでチケットを取って一緒に行こうと言っていたら、ライブ3日前くらいに某メンバーがフライデーされて辞めてそのライブには出なかったということ。新リーダーとなった娘が「○○ちゃんは急にいなくなっちゃったけどこのメンバーで頑張ります!」と言っていたのがなんかもう、もうね。

そんなことを見て来たので、すばるくんの件については変な言い方ですけどある程度耐性はついていたところがあるんですが、卒業システムに疲弊して離れたのにまたか、という気持ちはありました正直。でも彼らが7人の関ジャニ∞を大事にして糧にしてこれから突き進んでいこうという気持ちを前面に押し出してライブをやってくれたので、個人的にはモヤモヤが晴れたといいますか。良かったなあと思いますし、これ逆に6人の関ジャニ∞が喪失感バリバリあったら6人にだけでなく辞めていったすばるくんに対してもモヤモヤした感情が湧き出たままになっていたと思うので、本当に良かったなと思います。

あーほんと行けて良かった!満足!と言いつつ東京も行けたら行きたいと思っています。あれですね、ライブは何回行ってもこれでもういいやにはならないんですよね。なのでもし東京のチケット1枚余っていて定価+手数料で譲ってやってもいいよという方がもしおられましたらご一報いただけると嬉しいです。ご希望でしたら名古屋のプラカップつけますんで。

 

 

 

そしてエイト担と同時にJUMP担でもあるので、8人のHey!Say!JUMPがどうなるのか、それを見て私がどう思うのかという心配は相変わらず残っているわけなんですけども、これもやっぱり9人の頑張り次第なところもあるからなあ、と。こればっかりは観てみないとなんとも言えないんですけども、2年後それぞれにとっていい選択だったねとこちらも笑顔で言える状況になっていたらいいなと思っています。

 

あと大した話ではないんですがですます調の方が書きやすいんで今後はこうします。次いつ更新出来るんだという疑問は残りつつ。なるべく早く書きたいなとは思っています。

 

6人と1人

こんばんぬ ひとり貴族の ベリカです

仕事でものっっっっっっすごく腹立たしいことがあったので、なんか美味しいものでも食べないとやってらんないー!となって鳥貴族に行って来た。間違ってないよね?(笑)。ひとりでトリキに行くことをひとり貴族というらしく、なんかよう分からんけどカッコいい(笑)。

ところでジャニオタあるあるとしてトリキに行くことを「大倉家に貢献しに行く」と言ったりするけども、最近はそれを省略して「大倉家に行く」と言っている。間違ってないよね?(大間違いです)

 

 

先日ツイッターで、すばるくん最後の出演の『関ジャム』を見た感想として、「最高の失恋をした気分」と書いていた人を見て、あーあーあーあーあーそれー!!!!!となった。いいね500回くらい押したかった。もちろん別れは悲しいし、この先一緒に生きていけない(あくまで現状として、ライブやCD発売という確証がないという意味で)ことも本当に悲しいのだけど、でも出会えたことに関しては1ミリも後悔していないし出会えて良かった好きになれて良かったと思う。進む道は違うかもしれないけれど、決して嫌いになって別れるわけではないという辺りが最高の失恋なんだよなと思った。

関ジャムでは7人での歌の最後にすばるくんが「エイター!」と言ってくれた。その一言にありがとうもごめんも大好きも言葉に出来ない色々も全て含まれているのだと思った。本当にすばるくんは最後までファンのことを考えてくれていたと思うし、それはどの番組を見ても伝わって来た。

 

今回、各番組が本当にものすごく手厚く送り出してくれたなという印象なのだけど、それはひとえに彼らが常に真摯に誠実に仕事と向き合って来たからなんだろうなと思う。4月の会見の報道、全部で1時間とかあったらしいからもちろん全てをテレビで放映することはまず不可能なわけで、どこを切り取ってどう編集して流すかというのは各局各番組の采配に委ねられるわけだけども、私が見た限りでは悪意のある切り取り方をしていたところはどこもなかった。もちろんそれはメンバー皆がどう切り取られても誤解のないようにあの場ですら心を砕いたからというのが一番大きいことで、会見全文がテレビ誌に載っていたから読んだけども変な誤解をされるような発言もなかったように思う。ただその上で、会見前に出た某週刊誌に書かれていたバラエティが嫌だから辞めるという理由は全くのデタラメときっぱりはっきり否定した部分を各社各番組で結構な確率で流していて、それを見た時関ジャニ∞はテレビの仕事をしている人達に愛されているのだなと感じたし、それは彼らの普段の言動によるものなのだろうなとも思った。

この4月から特に本当に、こんなド新規でも感じるくらい関ジャニ∞というグループはファンを大事にしてくれていると、愛されていると思ったし、そしてそれはファンに対してだけではなく周囲のスタッフさんに達に対してもそうなんだと思う。だからこそあれだけ盛大に各番組送り出してくれたのだろうな。

 

ところで。

最高の失恋という言葉を聞いて、私はこの歌を思い出した。

m-yamabiko.hatenablog.jp

関ジャニ∞のシングル『イエローパンジーストリート

 

今回、最後の3日間生放送で彼らが歌った曲は旅立つ人の背中を押すような歌詞で、そもそも関ジャニ∞というグループにおいてそういう内容の曲が多いというのもあるのだけど、前向きに笑って送り出そうという気持ちが溢れていた。

ということは本当によく分かった上で、あえて私はこの曲を送りたい。

どうしたって何したってこれからのすばるくんを私(達)は心配してしまう。それはまた表舞台に立ってくれるかなということだけではなく、もっと根本的な、元気でやっているかなとかちゃんとご飯食べてる?とかそういうレベルで心配してしまう。でもすばるくんはそんな心配に対して、「大丈夫やって」と笑っていて欲しい。この先の人生で交差することがあるのかどうかも分からないけれど、どこかで笑顔で好きな歌を唄ってくれることがこちらの幸せでもあるんだよ、と言いたい。

 

f:id:miracle-yamabiko:20180710235616j:plain

元気が出るLIVE!! のパンフレットに載っている質問とすばるくんの答え。

これは全員が答えているのだけど、すばるくん以外はずっととか求められる限りはとかそういう答え方をしていて、具体的な年齢を言っていたのはすばるくんと大倉くん(55歳くらい)だけで、ただ何度も言うけどド新規なのでこのパンフを手に入れて読んだ時点でもうすばるくん35歳で、えええー、となった。でもまあ確かにアイドルというものの定義はなにかとか言い出したら難しいし、すばるくんが歌うことを止めることはないだろうからなと思って正直忘れていたのだけど今回思い出したのでパンフを引っ張り出してきた。

すばるくんって本当に首尾一貫している人だなと思うし、意思も強くて誰に何を言われても自分の信念は曲げない人なんだとも思う。だからこそ今回の決断なのだろうし。

そして同時に、首尾一貫している人だからこそ歌を貫くだろうしまたどこかで歌う姿を見せてくれると私は信じている。

 

 

いつかこの場所でもう一度逢えたら

きっとそれもHappiness!!

 

逢えなくても、すばるくんがどこかで幸せに歌っている限りHappinessだとは思うけれど、でもきっといつか、音楽番組とかで6人と1人で共演する時がくると思っているし、その日を楽しみに私も生きようと思うよ。