読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

知念ちゃんのことを思う存分書きたかった回

Hey!Say!JUMP 知念侑李

こんばんは。印象的な夢を見たので夢占いで調べてみたら最終的に『疲れてる』という結論が出て、知ってるわ!となったベリカです。

金曜とか疲れてるに決まってんだろうがー。でも明日は観賞会でJUMPの映像観まくる約束なので疲れも吹っ飛ぶってもんよ。

 

唐突に知念ちゃんの話。

知念ちゃんに関しては強火大野担でまず覚えて、そのあとグループで一番年下だということを知った。見た目とグループ内の年齢から周囲から可愛い可愛いと愛でられるキャラなのかなと思っていた。実際そうなのだけど、それだけじゃないことが段々分かってきた。

スクール革命はJUMPファンになってから、というよりもちゃんと見始めたのは実は今年に入ってから。で見ていて思った。知念ちゃんってめっちゃくちゃ頭いいんじゃ、と。そしてその通りだった。記憶力に優れていて昔の話もちゃんと覚えていてすぐ口に出来るし。ちなみに高校時代頭のいいクラスにいたと知ったのはその後のこと。

そしてMVのメイキングを見たりラジオを聴いたりしていて思ったのが、知念ちゃんってめちゃくちゃ空気読むのだなと。

先日のいのちゃんとのラジオでも本人が言っていたけども、知念ちゃんは誰と組むかで役割が変わる、と。そしてそれをごく普通のこととしてやっているのだろうなとも思う。

知念ちゃんは周囲の中において自分がどのポジションにいれば上手くいくか、を瞬時に判断してそこに行ける人な気がする。ここでのポイントとしては、上手くいくポジションというのは決して自分がオイシイ思いをする場所ではなく(広義としては含まれるのだろうけどあくまでサブ的な)、その相手であったり集団が円滑に進めるところ、ということ。といっても自らを抑えて周囲に媚びるとか損な役割につくとかではなく、自分も含めて円滑に進めるポジションを見つけてそこに行ける人なんだろうなと。

JUMPでは一番年下だし末っ子キャラだけど、芯はしっかりしているし、私は裕翔くんのファンだから主に裕翔くんとの絡みを見て思うのだけど、時に甘えてるというより甘えさせてる感じが見え隠れする気がしている。裕翔くんが知念可愛い可愛いーと愛でるのを肯定的に受け入れているというか。あと高校時代、知念ちゃんがずっと裕翔くんと一緒だった、というのも、決してクラスが同じだったからだけではなかったのだろうなとも思う。

知念ちゃんのすごいところは決して自分に不利益にならずにそういうポジションにつけること。僕が我慢すれば、ではなく、僕も楽しいみんなも楽しい、に出来る人。だから見ていて安心出来るし。

そしておそらくだけど、知念ちゃんのそういう自らを犠牲にしないところは、ファンであるとか、知念ちゃんの周囲にいる人に対する配慮なのだとも思っている。だって他の8人が楽しそうでも知念ちゃんが辛そうだったら別に知念担でなくても辛いし(その前にメンバーが辛いと思う)、家族や友人や仕事相手も辛いだろうし。

さっき「相手であったり集団が円滑に進める」と書いたけど、それは知念ちゃんも含めて楽しかったり幸せでなかったら出来ないこと、というのも分かっているのだろうな。あれだけ頭のいい人だから。

それこそ、この間のいのちねラジオで伊野尾ちゃんがラジオ途中で計算を始めたことがあったけれど、あれだって知念ちゃんが本気で止めてと言ったらいのちゃんも即座に止めたと思う。その辺りは双方きちんとしているし、知念ちゃんもほんとにダメならダメと言うし、いのちゃんも根はすごく真面目だし。でも知念ちゃん的にはそういう計算しちゃういのちゃんも面白かったんだろうなーと。

 

知念ちゃんに関してやっぱりさすがだなと思ったのが、伝説のゆとやま喧嘩の話。「丸焼きにしてやるよ!」のあれね。その時知念ちゃんはありもしないお菓子を探す振りをした、と言っていたけれど、その後時間が経ってから「知念が最近あの喧嘩を弄るようになって」と。言っていたのって裕翔くんだったかな。

考えた時に、ゆとやま喧嘩を弄れるのは知念ちゃんだけなんだよね。BEST兄さんは無理だろうし圭人くんもそういう他人を弄るキャラじゃないし、本人が弄るのもなんだし。でもその喧嘩を笑い話にするには誰かが弄るしかないわけで、このタイミングなら大丈夫だろうという時を見計らって弄り始めたのだろうなと思うと知念ちゃんってすげーなーとなるよ。

あとこの話で思い出したから関係ないこともついでに書くけれど、ねこあつめのまんぞくさんの名前を『丸焼き』にしたら、また来たよもう!という気持ちが少し減ったので、ゆとやまスキーの方にはオススメ(笑)。

 

ところでJUMPが10年ずっと仲良くやってこれている理由のひとつは知念ちゃんの存在な気がする。そもそもなんで知念ちゃんがそういう集団が上手くいくポジションにつこうとするのかを考えると、もちろん事務所に入る前のことは知らないし入ってからもそんな知っている訳ではないのだけど、後天的に身に付いたものとは違う気はしている。元々そういう人なんじゃないのかなと。おそらくだけど争い事がほんと嫌いだからこそ、争いを避けるというか争いの起こらない状態を作ろうと無意識のうちに動くんじゃないかな。皆で仲良くしたい人なんだろうな。そしてその上で、一番年下の末っ子ポジションな知念ちゃんが争いを避ける方向で動いているのに、そんな知念ちゃんを悲しませるようなことを兄達がするかっていう話よ。

例えばもし、メンバーの誰かと誰かが言い争いになったとしたらきっと誰かが言うよ。「止めろよ知念が悲しい顔してんだろ」と。おそらく有岡くん辺り。そんなん言われたら言い争いとかしてられないでしょメンバーも。「知念ごめん」って言うよ言い争っていても。まあ多分その前に雰囲気を察して言い争いにもならない気がするけど。

そういう意味でも知念ちゃんってあえて末っ子可愛がられポジションにいるのかなあ、という気もする。知念ちゃんがそのポジションにいることでJUMPも平和になるというか。10人時代は全然知らないので(今も知っているわけじゃないけれど)その時のことは分からないけれど。

 

知念ちゃんは自分のことを可愛いと言うし、この間発売されたドル誌でも「今が一番可愛い」と言っていたしその発言もちょいちょい聞くし、そしてそういうのを見聞きする度、『可愛いは作れる』はまさに知念ちゃんのためにあるような言葉だなと思う。

別に、作らなきゃ可愛くないという訳ではなくて、カッコいい方に行きたいと思ったら行けるのだろうなという意味で。身長はともかくとしてもアクロバットとか動きを前面に押し出したりすることで、カッコいい知念くん、は文字通り作れると思う。でもファンもそうだし周囲に求められているのは可愛い知念ちゃんということで可愛い方に振り切っているのだろうなと。「ペットショップラブモーション」で照れることなく可愛さ全開だった知念ちゃん(と伊野尾ちゃん)にプロの仕事を見たよ(照れ気味の裕翔くんと俺のキャラじゃないし感をちょろっと出す髙木くんも大層可愛かったけれども)。

 

この先、世間が求めるならきっとカッコいい知念くんも見られるのだろうし、もしかしたらずーっと可愛い知念ちゃんなのかもしれないし、どちらにしても楽しみだし、ずーっと見ていたい人達の1人だからずーっと元気に楽しく活動していって欲しい。金なら(微力だけど)出すから!だからライブDVDの発売早よ!

と、どさくさに紛れて要望を言って終わる(笑)。

伊野尾くんありがとう

Hey!Say!JUMP 伊野尾慧

こんばんは。裕翔くんドラマ決定のお祝いにコージーコーナーのケーキを買って帰ろうと思ったらお店つぶれててびっくりしたベリカです。

調べたら別のところにあったから明日にでも買ってこよう。ところでなんでコージーコーナーかといえば『HOPE』の特典映像のバースデーでやたらそこのケーキが出て来たからです。なにこのコージーコーナー推し、って思いましたよ(笑)。近かったんでしょうけども。(と思ったけれど観返したらそこまで推しでもなかった。ただ印象がほんと強かったんだよね)

 

 

めざまし、及びイノ調を見ました。本日はその話。

 

私の実家は東北です。山形だからそこまで地震の被害は多くなかったけれど地震直後はライフラインが止まったり、実家となかなか連絡が取れない状況でした。私は東京にいたけれど職場だったからニュースも見られずスマホで断片的に入ってくるだけの情報に心配を募らせながら、ただひたすら家までの道のり4時間半を歩いたことを覚えています。近所のコンビニが開いていたことにあれだけ安心したのはあの日が初めてでした。

段々と分かってくる状況。見覚えのある場所やつい数ヶ月前に行った場所が見たこともない風景に変わってしまったのをテレビで見て、なんとも言えない気持ちになりながら何も出来ない日々。実家とは連絡が取れたものの地元の友人達にはメールしても返事が来ず、けれどこの非常事態に家族でもないのに安否の電話をするのも憚られて、ただただ無事を祈りました。後日皆の無事が確認出来た時は心底ホッとしました。いのちゃんが今日のイノ調で最初に行っていた仙台市泉区にも友達がいて、1年後くらいに当時の状況を聞きましたが、絶句する程大変な日々でした。

 

あの当時から、たくさんの有名人芸能人の方が被災地を訪れてくれたり募金をしてくれたりして、うちはそこまで被害がなかったとはいえ東北出身の人間として感謝しかありません。

いのちゃんが何度も被災地を訪れていることは申し訳ないけれどファンになってから知りました。大学の頃からずっと気にかけてくれているということにただただ感謝です。

 

ところでこれはいのちゃん関係なく。何らかの災害が起きた時に有名人の人が被災地に赴いて何かすることに対して、偽善とか売名行為と言う人もいますが、東日本大震災があって改めて思ったのは、そういうことを言う人はほぼほぼ部外者なんですね。さして被害もなかった人。少なくとも私の知る限りでは被害の大きかった地にいた人は皆感謝していました。どうせ売名でしょ、とか斜に構えている人はいなくて、来てくれてありがとうと皆思っていましたしそう言っていました。

嵐の櫻井くんが、以前インタビュー記事で政治家を目指す気はないのかと訊かれて、社会的な意味でも政治家より嵐でいる方が自分のやりたいことが出来る、的なことを言っていたんですね。実際そうだと思うんですよ。だって例えば(具体的に誰とかではなく)総理大臣が来ました、握手してもらいました、よりも、翔くんが来ました、握手してもらいました、の方が元気になったり今後のやる気になったりする人は多いと思うのです。日本で一番偉い人よりアイドルの方が力を上げられたりするんですよ。

もし仮に、仮にですよ、いのちゃんが売名たったり好感度を上げるために被災地に赴いていたとします。全くそんなことは思っていませんけど。あの涙が演技だったらもう何も信じられないですし。ただでも、仮にそうだとしてもそれならそれで全然構わないと思うのです。だっていのちゃんが来ただけできゃーってなったり握手してもらっただけで今後の辛い日々も耐えられる人がたくさんいるのだから。そういう力のある人というのは極一部ですし努力ではどうにも出来ないところもあるんですよ。努力したら皆アイドルになって人気者になれるか、といったら無理な話ですし。

いのちゃんはアイドルで、アイドルだからこそ出来ることがあって、アイドルだからこそ動かせる人がいるわけです。被災地の方々もそうですし、被害に遭っていない地域の人に対しても、いのちゃんが行動を起こすことで意識を向ける人が出てくるわけで、それは本当にすごいことだしありがたいことだとも思っています。

そしていのちゃんがこういう活動をしていても、めざましのレギュラーでなかったらもしかしたらテレビでは取り上げられなかったかもしれないですし、やはりテレビの影響って本当に大きいので、いのちゃんがめざましに出ていて良かったですし、いのちゃんにレギュラーの仕事が来たのはいのちゃんが一つずつきちんと仕事をこなしながら大学を卒業するという積み重ねがあってのことですし、そのおかげでこうやってテレビで見られるということに、ただただ感謝しかありません。

きっとどんな職業に就いていたとしてもいのちゃんは東北を何度も訪れてくれたのだと思うけれど、アイドルという職業だから出来ることを理解して全面に押し出してくれるいのちゃんの姿は本当に素敵ですし、何度も書きますけど感謝しかないんですよ。

 

 

東日本大震災の前だったから7、8年くらい前だったと思うんですけど、神戸に旅行に行った時に生まれも育ちも神戸の友達に案内してもらったことがありました。2人で道路を歩いていて、どこにでもあるような高速道路の下まで来た時のことでした。

地震の時これ崩れてん」

ごく普通の言い方でした。

あの時見上げた高速道路は一生忘れられないと思います。本当にどこにでもあるような、ごく普通の高速道路で、地震の影響など微塵も感じられませんでした。

 

きっといのちゃんはあの日私が見た高速道路のような、地震があったことなんて分からないような、そういう街並みを望んでいるのだろうなと今日のイノ調と、その後のコメントで思いました。一日も早く、そういう日が来ることを、そういう風景が見られることをただただ願う日々です。

 

伊野尾慧くん、本当にありがとう。

Hey!Say!JUMPの、そしてあなたのファンになることが出来て良かったです。

『duet』4月号がとってもゆとやまだった件

Hey!Say!JUMP ゆとやま 山田涼介 中島裕翔

こんばんは。2連勝バンザーイ!ベリカです。

野球のWBC、日本が2連勝!いやー素晴らしい!

こっからしばらく野球について語ろうかと思ったけれどおそらくここを読んでいる人はあまり興味ないかなということでさくっと本題。

 

買って来たよ毎月恒例のドル誌。山田くん表紙のduetは買うこと決定だったし、WINK UPとPOTETOは買うか迷ってとりあえず立ち読みしたら欲しくなったので結局購入。3冊で2000円ってなかなかの出費だよね。私は働いてるからいいけど学生の人とか大変そうだな、と思ったけど、そういや先日友達と、今って高校生ぐらいの子の方がお金持ってるよね、という話になったな。お小遣い&バイト代で。バイト代を全額好きなことにつぎ込めるのは大きいと思うの。とか書いてるけど私は高校時代バイトしてなかったけども。学校で禁止だったし田舎だったから隠れて出来なかったんだよ!(笑)。田舎は100%バレるんだよ。

 

それはさておき。

山田くん表紙のduet、普段よりどの程度刷り数が多いのかは知らないけれど、うちの近所の本屋さんも普段1列なのに2列で山積み(しかも結構減っていた)。エースだよなあ、としみじみ。本人が選んだだけあってすごくいい写真だよね。これは解体せずに裕翔くん表紙のduetと並べて飾っておこう。

でもって中身。JUMPどこかなーとぱらぱら見ていたらいきなり裕翔くん登場でうおお!となったよ。けだるい感じもいいなあ。テーマの【カワイイ、アイツ】を見た時、裕翔くん山田くんの話とかしないよな、と思いながら読んでいたら、にゃんごすたーの件で山田くんの名前が!まさか出ないよねえとか思っていたから、出るんかい!って思った(笑)、正直。にゃんごすたーのことを山田くんから聞いたって話はどこかでも聞いた記憶があるのだけど、どこだったかな。山田くんも動画で見つけた瞬間、これゆうてぃーに教えなきゃ!ってなったんだろうなと想像すると可愛いー。そしてにゃんごすたーとツーショット写真撮って山田くんに送る裕翔くんも可愛いー。可愛いの二乗。さらに倍、みたいな。

山田くんが言っている3回クリアしたゲームって、WINK UPにあった裕翔くんに最短ルート教えてあげたというやつだよね、きっと。同時期に取材しているだろうから時事ネタは被るだろうけどこういうシンクロは楽しいなー。にしても何のゲームなんだろ。オンラインゲーム全然やらないから聞いても分からないかもたげと。

山田くんからメンバーへのメッセージ。裕翔くんとオンラインゲームをした時のことが書かれていたけども、裕翔くんの弟さんって確か裕翔くんより背が高いんだよね。いつの間にか(背が)抜かされててヤだった、って2、3年前の雑誌で裕翔くんが言っていたような。とここまで書いて、来弥くんも芸能界にいるんだからプロフィールに身長載ってるか、と気付いた。ぐぐった。181センチだそうです。だってよ山田くん(笑)。

 

そしてなにより!なにより!げつじゃんの中島カメラマンね!通常運転っていえばそうなんだけど(笑)、被写体の山田くんを褒めまくり。あなたどんだけ山田くんのこと好きなのよ、と思ったけどまあいつものことだった(笑)。ただでも確かに写真から物語性を感じるんだよね、裕翔くんの言う通り。この写真からドラマや映画が出来そうな雰囲気あるし。やっぱりつくづく山田くんって画になる人なんだよなと思うし、またそういう写真が撮れる裕翔くんね、とか思っていたら筋肉美の写真とか撮っていたりするし(笑)。この振り幅もまたゆとやまの魅力だよなーと思う。

 

f:id:miracle-yamabiko:20170308231502j:plain

 

ところで最後にゆとやまとは関係ない話。

裕翔くんと知念ちゃんの話で、3割引だったら70%が幾らなのか計算する方が早い、それなら0.7をかければいいんじゃない、という内容があったけど、世間の人はそんな普通に暗算で×0.7とか出来るの!?ねえ。私3割引って言われたらまず元の値段を10で割ってそれに3をかけて元値から引いてるよ。だったらせめて7をかけろと言われそうだけど私はその方が早いんだもの。これでも学生時代は文系だったけど数学は割と得意な方だったんだけどなあ。やっは勉強しないとダメだな、とドル誌を読んで反省するっていうね(笑)。

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の特典映像がめっちゃ良かった話

中島裕翔

こんばんは。『HOPE』のブルーレイが届いてうっきうきで特典映像観て、終わってそろそろカルテットかなと思いながらTBSにしたらWBCがまだ6回でびっくりしたベリカです。

にしてもWBC、韓国が2敗するとか波乱の予感だなー。

 

HOPE』はまだそこまでJUMPファンではなかった時期のドラマではあったのだけれど、裕翔くんは気になっていたこともあって毎週視聴はしてた。のだけど、ぶっちゃけた話観てて辛かったんだよね。リアルすぎて。一ノ瀬が頑張るけれど会社という組織の波に飲まれてしまうドラマ、という感じで。面白いか面白くないかで言えば面白かったのだけど、一ノ瀬に感情移入すればするほど辛かった。最後も、結局会社に残れないんかーい!となったもんなあ。いや一ノ瀬の性格や能力を考えれば与一みたいな大きなところよりも小さなところで色々な仕事を任される方がいいとは思うから織田課長(社長か、最終的には)の下で働く方が合っている気はするけどね。

とかまあ色々思いつつ、でも特典映像が観たいというその一点のみで買ったよね。

そして結論から言えば、買って良かったよね!

f:id:miracle-yamabiko:20170307221435j:plain

手に取った瞬間めっちゃテンション上がったもんなあ。

 

 

制作発表からクランクイン、クランクアップ、放送直前ガイダンス、スタジオセット紹介など色々入っているのだけど、めっちゃ観たかったのがバースデーね。その名の通り出演者の誕生日を祝うシーンが入っているのだけど、それぞれにサプライズを用意していて面白かったなー。リハーサルと思わせてお芝居をやっていたら突然ケーキが出てくるっていう。裕翔くんも突然台本にない台詞を共演者に言われて、えっ、となりつつお芝居を続けていたら、という流れで祝われて、びっくりしていたけど本当に嬉しそうで、観ているこっちも良かったなあ良かったなあ、と。もうね、何度も巻き戻したよ。お祝いボード出てきて、裕翔くんがびっくりするんだけどすっごい嬉しそうな顔になるとこ。あとやっぱエンケンさんのお誕生日サプライズも良かったなあ。まさかあのシーンでケーキ来るとか想像していなかったよ。専務がケーキ持ってくるし(笑)。

 

めざましテレビのフルインタビューも嬉しかったなあ。前述の通りドラマやっていた頃はそこまでハマっていなかったからそういう事前番組とかめざましの特集とか一切スルーしていたんだよね。後からハマった人間にも優しい内容をありがとう。

このインタビューの中で共演者の方が裕翔くんに「人見知り?」と訊いていて裕翔くんはそんなことないと言っていたけども、いやいやあなた人見知りだよね、と思った。あーでも人見知りとはちょっと違うのかな、それこそ以前メンバーが言っていた「内弁慶」なんだと思う。慣れれば実力を発揮出来たり自分を見せられるけど慣れるまでは、ってやつ。じゃないかなーと思うんだけども。ただ、「人見知りなのにボケたがり」と言われていたのには笑ったよ。

 

そして最初に壮行会の映像を観たのだけど、観た瞬間、『若っ』ってなった。若いというか幼いというか。いやあれから1年も経っていない事は重々承知の上で、でも若いなと思ったんだよね。別に今が歳取ったよねということではなくて(笑)、すごい成長しているのだなと思った。それは精神的にという意味で。色々な経験をして色々な仕事をしてきて、それらが全て裕翔くんの糧になっているのだろうし、実際このドラマもそうだったのだと思う。エンケンさんがHOPEは中島裕翔の代表作になると言ってくれたけども、ほんとそうなんだよね。視聴率的には振るわなかったけど、でも一ノ瀬歩という役は中島裕翔にしか出来ないと思った。裕翔くんだったからこそ私もそこまでJUMPにハマっていなかったのにドラマには入り込んだのだし。入り込み過ぎてしんどくなったのは事実だけど。

エンケンさんが裕翔くんに合う職業を俳優と言ってくれたのも嬉しかったな。最高の褒め言葉だよねそれって。

 

裕翔くんが言っていた、エンケンさんが東京タワーをパリのエッフェル塔に見たてるというネタ(?)も入っていて、それがまたほんとに楽しそうだったし、撮影の合間は同期の4人でわちゃわちゃやっていると言っていたけども仲の良さが特典映像の端々から伝わって来て、ああほんとに裕翔くんはいい仕事をもらったしいい仲間と巡り会えたのだなあ、としみじみ嬉しくなったり。人材と経験ってお金じゃ買えない財産だから、本当に良かったなあと。

 

リアルタイムで観ていた時はどうなるか分からなかったこともあって辛かったところもあるのだけど、改めて観たらまた印象変わるのかなという気もしている。せっかく買ったし、今度は裕翔くんのお芝居にもがっつり注目しつつドラマも観てみようかな、と思ったり。

とにもかくにもねー、買って良かった!

唐突に2015年24時間テレビの嵐にしやがれ生男子会の話をします

Hey!Say!JUMP

こんばんは。面倒臭がり女ことベリカです。

基本的に面倒臭がりなので、録画もためまくりで容量が少なくなると慌てて編集してDVDに焼くのだけど、ちゃんと編集する時間がないからCMだけ切って全部入れるとか時にはCMすらそのままで焼いたりしているダメ人間。なのだけど、この面倒臭がりが幸いして、別の人目当てで残した番組だったけど今観たら○○くんも出てるじゃーん!となったりしている今日この頃。先日も、パンサー目当てでずっと録っていた『それゆけ!ゲームパンサー』に有岡くんと圭人くんが出ていたことを知って慌ててDVD漁ったよね。あったよね。観たよね。全く覚えてなかったよね!(笑)

つくづく、意識がいっていないところは全然見てないんだなと思った。でもこうやって今観られるのがありがたいし、パンサー以外要らないとかいって消さなくて良かったありがとう当時の私!

 

 

さて、今回は2015年24時間テレビの話。といっても当時JUMPファンじゃなかったので、しやがれ男子会のところしか残してないんだけどね。

ちなみにこの回は伝説(?)の『伊野尾がカワイイ腹が立つ』という名言が出た回ね。とかいいながらそこの話じゃないんだけども。

 

もう2年近く前の話ということでちょっとばかし書き起こし。

『アツい先輩』というテーマで光くん。

八乙女「MJ(松本潤くん)が、こないだ、音楽番組でご一緒した時に、僕らのこないだ出た4枚目のアルバム(JUMPing CAR)を、3パターンくらいあるんですけど、全部聴いてくれて、10曲以上、感想を頂けたんですよ。しっかりとしたアドバイスをくださって、すごいなと、アツいなと思いました」

と言われてきょとーんとするMJ。

で覚えているかと訊かれ

松本「覚えてるっていうか、とめちゃん(光くんのこと)が、自分でペースを弾いて、ラップだっけ?、を書いてる曲がある、と。だから、聴いて下さいって言われたの。で、ワクワク(学校)やってる時に、出たんでしょなんて言ってたら、裕翔かな?、誰かがCDくれたんですよ。(3種)全部くれたの。で、どれに入ってるか分からなかったから、全部聴いて」

八乙女「え、そういうことだったんですか!?」

櫻井「八乙女の説明不足」

松本「まあそうだなー」

八乙女「すいません!」

二宮「こう見えて、不器用なんですよ」

 

これなのだけど、嵐をそんな知らないJUMPファンの人にどこまで伝わっているんだろう、どう取られているんだろう、と急に思い出して急に気になったのでね、ニノの「不器用」発言についてちょっと書いておこうかなと思った次第。

まず大前提として、潤くんは確かにアツい人なのよ。ただし、本人的にはそれが普通だから周囲にそう言われても、いや普通だし、という感じになるという。ストイックもよく言われるけど本人的には普通のことをしているだけ、という認識。

そして、人に対して分け隔てなく誠意を持って接する人。それは先輩後輩限らず。

でもって。

アルバムを渡しました、貰いました。となった時に、後輩の光くんとしてはおそらくだけど渡したところで終わり、だったと思う。もちろん聴いてもらえれば嬉しいけど忙しいし無理強いは出来ないし、まあ聴いてくれればいいなーくらいだったんじゃないかと。

なんだけど、潤くんとしてはアルバムを3枚も貰ったからには何らかの返礼をするのが当然、となったと思うのね。それは「アルバムどうぞ」「ありがとう」で終わるものではなくて、貰ったアルバムを聴いて感想を言う、というのが潤くんの中での返礼だったのだと思う。それはもう相手が先輩だろうが後輩だろうが関係なく。だから例え光くんがCDを渡す時に「このアルバムの○曲目が僕の作詞した曲です」と言ったとしても潤くんは全部聴いて全部の感想を言ったんじゃないかと思ってる。

しかもその感想って「良かったよ」とかじゃなくておそらく「ここがどうでここがこうで」とかそういうものでしょ、光くんの言い方からして。となれば何かしながらざっとBGM的に聴いたとかではなく、じっくり腰を据えて聴いてくれたのだと思う。

で、ニノの「こう見えて不器用」に繋がるのだけど、この場合の不器用というのは、どの曲か分からないから全部聴いたことではなく、例え後輩でも(そして後輩がそこまで望んでいなくても。もっと軽い気持ちでCDを渡したのだとしても)、受け取ったものに対して全力で返すというその姿勢に対してだと思ってる。潤くんが説明した時数人から「真面目」という声が出ていたのだけど、真面目ゆえの不器用さがあるんだよね。私が嵐では潤くん、JUMPでは裕翔くんが好きな理由の一つってその真面目ゆえの不器用さというのもあったりするし。手が抜けない人なんだよなあ、良くも悪くも。

 

基本的に自分のことを説明しない潤くんと、あえて説明不足で終わらせてそれで伝わらないならいいやとなるニノと、何より生放送ということでもしかしたら伝わり辛いところがあったかもなーと心配になって今更書いてみた。

 

また嵐とJUMPで何がしか絡んでくれないかな。VS嵐のゲストとか。ゲスト側に7人来て、「○○と●●は?」「あー、他の仕事で」「え、なに、お前ら暇なの?」とかいう話の後、プラスワンゲスト呼んでみたら残りの2人だった、みたいなさあ、どうかな!ちょうど7人ずつになるし!どうかな!って誰に言っているのか分からないけども(笑)。