読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

『オカモトさんのワンポイント英会話』をどこかのテレビ局でやってくれ!と思った話

Hey!Say!JUMP 岡本圭人

こんばんは。『相棒』最終回は来週だったことに気付いたベリカです。

てっきり今日かと思っていたんですけど、今日ってWBCの放映がテレ朝なんで、まさか野球終わってから相棒2時間やらないよなあ、と思っていたらなんのことはない来週だった、と。

とはいえ今日他局で野球やっていたらそっちが気になって相棒に集中出来なかったからちょうど良かったということにしよう。

 

 

本日は圭人くんについて。ところで何で圭人くんについて書こうかと思ったかといえば、ここ数日2010年とかその前とかのコンサートDVDを観たのがきっかけ。当時の圭人くんももちろん可愛らしい感じでいいのだけど、でも見た目にしてもなんにしても今の方がずっと魅力的だなーと思ったことから。ファンになった頃からなんとなーく思ってはいたことなのだけど、圭人くんって大器晩成型な気がする。あくまで私が思うに、だけど。若いころよりある程度年齢がいってからの方が実力や魅力を発揮出来るタイプじゃないのかなと。実際、リアルタイムではそんな見てはいないけれど、辿った限りで言えば年を経るごとに魅力が増している気がするので。

 

ファンなりたての頃にジャニweb連載のJUMPaperを読める分全部読んで思ったのが、圭人くんが一番ファンのことを考えているというか、自分のファン以外の人にも楽しんでもらおうという気持ちが出ているなーと。自分の近況だけでなく、他のメンバーはこういうことをしている、というのを書いてくれるので、サービス精神旺盛だなと。大体2ヶ月に1回ペースだからタイミングもあるだろうし(1ヶ月前の話今更書いても、みたいなこともあるだろうし)、だから別に他のメンバーが配慮していないわけでは全然なくて、ただ圭人くんに関しては、ずば抜けているなと思った。優しい人なんだなあ、と。


JUMPに入って最初の頃はJr.経験もなくて何も出来なかったと知ったのはその後すぐくらい。もちろん今は全然そんな感じもないから本当にびっくりしたし、あまり多くは語らないけれど相当頑張ったのだろうなあ、と。そういえばJUMParty第二回のかるたのやつを見たら、圭人くん日本語が読めないと言っていて、そんな状況からよくここまで、とおばちゃん何も知らないけどちょっと涙目になっちゃったよ。

デビュー当時は圭人に合わせていた、と他のメンバーが言っていたけれど、それから今に至るまで、もちろん圭人くんはものっすごく頑張ったわけだけど、別に他のメンバーが遊んでいたわけでもないんだよね。各自それぞれ上を目指して、それこそTOPを目指して必死になっていたわけで、そんな他のメンバーも全速力で走る中で、最初はひどく後れを取っていたのに、いつからか肩を並べられるくらいまでになった、ということを考えると、それは本当に大変だっただろうに、そんなことを口にすることもなく、しかもメンバーには暖かく優しく接してもらったと言う圭人くんどんだけいい子なんだよ!

 

先日のJUMPaperで圭人くんは周囲に恵まれていると書いていたけども、類は友を呼ぶというように、それは圭人くんが優しくて暖かくて日々努力を重ねているからこそ、周囲も圭人くんに優しくしたりサポートしてくれるのだと思う。人脈というのもその人の力だし財産だよね、と思う。

 

私はJUMP出演のバズリズムに関してはここ2回分しか観ていないのだけど、いずれも圭人くんがフィーチャーされていて、それはほんとすごいことだと思った。圭人くんはあまり自分からアピールするタイプではないと思うんだけど、でも弄られると面白いんだよね。

この、弄られて面白い、というのは口で言うのは簡単だけど実はなかなかに難しいことなんだよね。やりすぎたらイジメっぽくなって笑えなくなるし、弄られる側が嫌だと思っていたらそれもそれで笑えないし。芸人さんでもたまに、仕方なく弄られキャラやっているのだろうなあ、と思う人もいて、そういうのが見えちゃうと笑えないんだよなあ、と。

てもってバズリズムの時の圭人くん、Fantastic Timeで出た回は伊野尾くんから何でも鏡にして自分をチェックするな、と言われて、そこに乗っかったり(光くんが鏡のサングラスしてきてちょうど良かったと言ったり)、次の回でもファンが鏡見せてくれるからありがたいと言ったりとか、OTTで出た回でも食べ物をこぼすことに対して升野さんの言い方に乗っかって。最終的に升野さんのイラストは両方の回で一番大きく描いてもらっていて、単純にほんと面白かった。多分特にJUMPファンじゃなくてなんとなく番組を見ていた人には圭人くんが一番印象に残ったと思う、少なくともこの2回に関しては。

 

ところで弄られキャラにおいて重要な要素のひとつとして、チャーミングさとか皆に愛される要素があるかどうか、も大きいんだよなと思う。JUMPで弄られキャラというと有岡くんかなと思うんだけど、実際のところ有岡くんって愛され要素いっぱいだよね。だってみんな大好き有岡大貴でしょ。長々説明するよりも、皆大ちゃん好きだし、という一言の方が説得力あるってすげえな、と思うわけなのだけど、圭人くんも同じように愛されキャラなところあるよなーと。先日のいたジャンで視聴者に電話する回がこの2人だったわけなのだけど、聞き上手というだけではなかったんだろうなあ理由、と私は思っている。もちろん各自それぞれのイチ推しはいるだろうけど、でもこの2人から電話来たら嬉しいでしょ、っていう。みんな大好き有岡大貴と岡本圭人だよだって。

いやまあね、「中島くんいますか?」とは言われていたけどね(笑)。

 

 

ものっすごく勝手に、圭人くんはどんな番組だと良さを発揮出来るかなと考えていた。引っ込み思案と本人は言っていたけども、物怖じせずに行けるところもあると思っているから、緩ーい街ブラ的な番組とか合いそうだよね。『モヤモヤさまぁ~ず』みたいな。でもそういう番組って結構あるし、せっかくの英語力も活かしたいし、と考えて、思いっ切り年齢バレる発言をするけども、そうだウィッキーさんとかどうだろう!となった。

ウィッキーさん知らない若い子は近くの大人に訊いてみてね。というのも不親切か、と思ってぐぐったらまとめがあった。

matome.naver.jpざっくり説明すると、朝の情報番組『ZIP』の前身である『ズームイン朝』の1コーナーで、ウィッキーさんのワンポイント英会話、というのがあって、道行く人にウィッキーさんが声をかけて英会話を教える、というもの。それをね、今圭人くんがやったらどうかなって思ったのよ。ウィッキーさんは確か生放送でやっていたんだけど(だから捕まらない時もあった、よね。確か)、さすがに圭人くんが生放送でやったら騒ぎになるから事前収録で。

圭人くんが道行く人に声をかけて英会話を教える「オカモトさんのワンポイント英会話」とかどうかな?誰に訊いているのか分からないけども。ただ、企画に対する突っ込み感とか(なんでいきなり声かけて英会話?、っていう)、もしかしたらどこかで圭人くんに会って英会話教えてもらえるかも、というドキドキ感とか、そういうのをひっくるめて面白いコーナーになりそうな気がするのね。なんなら4月からZIPの1コーナーでやろうよ!あ、でもそれだと木曜は伊野尾くんとバッティングするのか。じゃあめざましテレビでやろう!(笑)。

 

届いておくれ、テレビ局の偉い人に。