都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

有岡大貴沼の深さを垣間見たヒルナンデス感想

こんばんは。自分に甘いベリカです。

今日はめっっっちゃ疲れていたけど頑張って仕事に行ったよ。すっごい休みたかったけど行ったよ。偉いよ私。頑張ったよ私。

……誰も褒めてくれないので(そりゃそうだ)セルフ褒めの日々を送っておりますが、む、むなしくなんかないんだからね!

 

 

今更かいと言われそうだけどこのブログは今更なことを今書くのがモットーなのでね。

ということで今週のヒルナンデス(有岡くんの文房具紹介編)感想。

 

これ個人的にはものっっっすごい褒め言葉なんだけど、人によってはムッと来る人もいるかもしれないなとは思うのね。でも褒め言葉だからね!と強調して書くけど、ヒルナンデスでの有岡くんのロケを見ていると、もし私がJUMPのことを全然知らないままにこの番組を見ていたとしたら、有岡くんのことをきっと芸人だと思うだろうなあ、と。

繰り返すけど褒め言葉。だって色々な感情の中で笑わせるのが一番難しいもの。泣かせるより笑わせる方がよっぽど難しいし、何かボケるにしても照れがあったり躊躇があったりすれば笑えなくなるし。有岡くんのやり切る姿勢はほんと素晴らしいと思うの。ということを文房具モノマネのはさみを見ながら思った。あれが笑えたかどうかは置いておくにしても(笑)。

 

最初の消しゴムが何だと思うか訊かれて、「本のページを1枚ずつめくる練習」ってなかなか思い付かないよその発想。素晴らしいと思うのよ私。

そして消しゴムの名前がevolutionと聞いて、ゴー☆ジャスの「レボリューション!」をやる辺りね、私も全く同じことを考えていたよ(笑)。いやでもやるよね!なんなら安土さん(文房具の説明をしてくれる人)も一緒にやって欲しかったよね!(無理)

にしても有岡くんが頑張ってボケているのに安土さんがことごとく流すのでちょっと可哀想ではあったよ。

 

置いてある機械が何か訊かれて、「レシートを入れるとスロットが回せて(中略)。ヤマダ電機さんがやってるやつ」と言う有岡くん。やたら具体的だったしよく行っているのだろうなあ、と思う反面、ヤマダ電機って名前は今そんなになくないか?、と。そう思って確認してみたらやっぱりほぼほぼLABIかテックランドになっていた。だよねえあんま見ないもんねヤマダ電機っていう名称。でも使っちゃうよね分かるよ分かる。♪ヤマーダ電機、って歌っちゃうよね。あれってさまぁ~ずが作ったんだってね。

……って別にそんなことはどうでもいいんだった。

オリジナルスタンプを作れる機械なわけだけど、そんなん、スマホにいっぱい入っているJUMP写真でも作れるってことよねこれ。わー作りたい!でも作っても押すとこないけど。手紙とか書く友達いないけど。

♪ああー ずっと ともだち ずっと ともだち いない~ (byピューと吹く!ジャガー)

そしてこの辺りから安土さんがちょっとノッてくれるようになってきている気がするんだよなあ。有岡くんのボケに対して。もちろん広報としてきちんと説明しないとというのはあるのだろうけれど、その上で有岡くんの人となりに接して少し好意的になってきているのかなあ、と思ったり。勝手に。

にしてもモンゴル有岡www 私は初めて見たのだけど何度も弄られているんだよねあの感じだときっと。よく最初見つけて来たなスタッフさんも。だってまだデビュー前のでしょ。

モンゴル有岡とハンズのスターのスタンプ欲しい!なんならツアーグッズで売って欲しい!買うから!使う相手いないけど!

♪ああー ずっと ともだち(以下略)

 

で、すぐ上に「安土さんがちょっとノッてくれるようになってきている」と書いた先から有岡くんの耳がプラスチックになるというボケに困り果てる安土さんっていうね(笑)。まあでも確かにあのボケは高度だわある意味、と思う。ただ、本当に細かく細かくボケてくるんだよね有岡くんって。マジで芸人並みのボケ数だと思う。隙あらばボケようっていうその貪欲な姿勢は素晴らしいと思うよほんとに。面白いかどうかは別として。

そして、何か文字を書いてくださいと言われて安土さんの名前を書く有岡くんね!だって別に自分の名前でもいいわけだし、その方が割と普通だと思うのだけど、でもそういうところで一緒に回ってくれている人の名前を書くことによってより一緒にやっている感を出すというか、そういうところいいなあと思ったりした。あくまで説明でついてくれている人だから番組としては有岡大貴のロケであって、タレント側も普通はそう思うと思うのだけど、そこで安土さんの名前を書くことで有岡大貴と安土さんのロケ、のような雰囲気を出せる気がする。

有岡くんがどこまで考えていたのかは分からないけれど、ナチュラルにやっている気もするし、そういうところが爆モテなんだよなーと思ったりした。

 

 

次はぺんてるがやっている銀座のラクガキカフェ。絵の具風ドリンクを飲んで「美味しい!フルーティー!」と言う有岡くん。でナレーションで「面白いコメントは出なかったので説明すると」と言われてワイプでちょっと照れつつ困った顔をする有岡くんな!あのワイプの顔が!顔が!!!

で、しばし飲んでから、「くれぐれも、本物は飲んじゃダメですからね!」とボケた後、ちょっと照れた顔で係のお姉さんを見上げるのだけどね、これがね!

f:id:miracle-yamabiko:20170325003747j:plain

こんな顔で見上げられて惚れない人間がいると思ってんのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

もし私が説明係で有岡くんのこと全く知らないままにロケをやっていたとしても、こんな顔で見られたら一気に堕ちるってば!

この後オムライスに落書きして、「オムライスの妖精です。オム・おむ男」と言って係のお姉さんに軽くスルーされるんだけど、もうそんな姿も愛しいよ!やべえこれずっと見てたら有岡沼に堕ちる。これはヤバいこれはヤバいこれはヤバい。

 

とか思っていたらVTRが終わって、あ、ああ、なんかホッとしたような残念だったような、となっていたら男だけの修学旅行が始まったよね!それに関してはまた後日書こうと思うけれど、ただもうほんと、有岡沼の深さは垣間見たよね。恐ろしいな爆モテ大貴。今ジャニショ行ったらうっかり有岡くんのソロ写真買っちゃう勢いよ。

 

人はこうやって沼から抜けられなくなるのだなあ、とJUMP沼にどっぷりハマった人間は思うのでした。