都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

岡本圭人くん24歳のお誕生日おめでとうございます!

こんばんは。へたこいたー、ベリカです。

今日は圭人くんのお誕生日ということでケーキを買って帰宅。先日の髙木くんのお誕生日も裕翔くんの入所日もケーキでお祝いしたので、お前なにJUMPにかこつけてケーキ食べてんだよ!という感じのだけど(笑)、まあそれはそれ。

ただ、うっかり夕飯食べすぎてそれだけでお腹いっぱいになっちゃったよね。

ケーキ食べるからと牛乳も用意したのにうっかり飲みきったよね。

……でもでもでもでもそんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!

ハイ、バースディケーキ!

ということで食べたよ。美味しかったよ。

ダイエットは明日から!!!!!

 

 

岡本圭人くん24歳のお誕生日おめでとうございます!

 

私が圭人くんを知ったきっかけは「Sorry,Jun」で、つまりは嵐ファンとして、あーこういう子がJUMPにいるのかー、と。潤くんって不器用で愛らしいところがあるのだけど、なかなか後輩からは弄り辛い雰囲気があるのかなんなのか、あんまり後輩が積極的に絡みに行くような感じではないのね。なので、おお潤くんに来たか、という感動(笑)が。

とはいえそこまで計算して人を弄れるようなタイプではないのだろうなとも同時に思った。おそらくだけど本人的には「Sorry,Jun」がなぜそこまで受けるのか分からないけれど、求められているからやっているのだろうなという感じも受けた。いい悪いとかではなく、この人はこういう人なんだなーと思った、のが最初。

それと同時くらいに岡本健一さんの息子さんと知って、あーなるほど似てるわー、と。

 

そのくらいのぼんやりした印象のままJUMPファンになって、たまたま見る機会があって見たのがJUMParty第2回のかるた回。そこで他のメンバーと「圭人日本語読める?」「読めない」というやりとりをしていて心底びっくりした。イギリス留学の事は知っていたし、だから英語が堪能だということも知ってはいたけれど、日本語苦手なのか、と。そしてその時同時に思ったのが、今全然そんな雰囲気ないよね、と。

今も確かに英語の方が得意な感じはするし、難しい漢字だと読めないこともあるけれどでもインタビュー記事とか読んでいてもちゃんと言葉を知っていて喋っているし(ライターがよっぽど手を入れているのなら別だけど)、ジャニwebの圭人くんの連載もきちんとした文章だし、バラエティ番組等で見ていてもちゃんとした日本語を使っていると思うし、「村長」を「むらちょう」とか読まないし(笑)。

そう考えると、きっとおそらく相当勉強したのだろうなと思った。JUMPに入った時、全然ダンスが出来なくて他のメンバーが自分のレベルに合わせてくれるのが辛くて泣いて、必死に頑張ったという話はちょこちょこ聞くけども、ダンスだけでなく日本語もそうだし、色々なことに対して相当頑張って練習だったら勉強だったりしていた(いや、現在進行形だから、いる、か)のだと思う。

 

私はド新規なこともあって、知らないことばかりだからそう感じたのかもしれないけど、と前置きしつつ。先月のうるじゃんで圭人くんと有岡くんの2人でやった回でトップ3を当てるコーナーをした時のこと。その時の感想では書かなかったのだけど、圭人くんの変貌ぶりに私は正直驚いた。

圭人くんといえば優しくてあまり自己主張はしなくて穏やかで、という印象だし実際そうだと思うのだけど、トップ3を当てるコーナーになった途端、圭人くんが急に強気というかハキハキし出したというか。あの感じ何て言うんだろう。急にスイッチが入ったみたいな感じになって、マジか、となった。

そして思い出したのが先日読んだドル誌で、知念ちゃんだったかな、が「プライベートの圭人はオーラ出まくりでカッコいい」というようなことを言っていて、もしかしてそういうことなのかな、と。圭人くんは自信があることに関しては強気でカッコ良く行ける人なんだなーと。

うるじゃんは7のラジオだから当然7メンバーの方がコーナーに関してもよく知っているわけで、そこまで詳しくないBESTの有岡くんに対して、自信を持った口調で説明している圭人くんがカッコ良かった。「知念が好きってことは山ちゃんのことも好きなの!」は的確だし名言だと思うよ。かなり本気で。

 

だからきっと圭人くんはこれからの人なんだろうなと思った。もっと色々なことに対して自信がついた時にガンガン行けて、そしてそれがカッコ良く見えるんだと思う。元々の優しさや穏やかさはそのままに自信がついたらとんでもない逸材になるよ、きっと!それがもうほんと楽しみ過ぎる!

裕翔くんが児童福祉士に向いているメンバーを訊かれて「圭人は本当に誰にでも優しいから出来ると思う」的なことを言っていて、一番近くで見ているメンバーがそう言うということは本当に皆に優しいんだろうなあ、と。しかもマジレッサーの裕翔くんが言っているんだよ(笑)。

社会全体が不況であったり先の見えない暗さがある今は特に、優しさとか暖かいもの(人)が好まれる傾向にあると思っている。実際今テレビを見ていると、もしバブル時代だったら絶対売れていなかっただろうなあという人が売れていたりとか、逆もしかりだったりするので。「人は誰しも、時代と年齢には勝てない」と野村克也氏が言っておられたけども、本当にそうなんだよなあ、と。そして圭人くんという人は、今の時代に合った人だと思っているから、本当にこれからなのだと思う。

だから事務所は圭人くんに色々な仕事をさせて欲しいし、なんなら本当に

m-yamabiko.hatenablog.jpやってくれ!『オカモトさんのワンポイント英会話』やってくれ!!!

 

そしてこれはついでに。

子供が生まれると親は子供の写真や動画をたくさん撮るけれど、その時子供と一緒に親の写真や動画も一緒に撮っておいた方がいい、子供は自分の小さいころより親の若い頃の方が見て喜ぶ、という話を聞いて、あーなるほどなあ、と思ったし、それこそアイドルの仕事をしている人は小さい頃からテレビや雑誌に出ているから、将来的に子供が出来たら自分の(親の)小さい頃をたくさん見せることが出来るのだなあ、と。圭人くんもお父さんのアイドル時代をたくさん見て来たのだろうし、それは当然ながら自分は絶対にリアルタイムでは見られないものだから貴重なものだよなあ、とも思う。

Myojoの1万文字インタビューでも、お父さんが芸能界にいなかったら自分もこの世界にはいかなかったと思う的なことを言っていたし、本当に色々な意味で圭人くんのお父さんが岡本健一さんで良かったなあ、としみじみ。

 

岡本圭人くん24歳のお誕生日おめでとう!今年がますますの飛躍の年になりますように!