都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

有岡大貴くん26歳のお誕生日おめでとうございます!

こんばんは。みんな大好き、って言うとついついアームちゃん、と続けたくなってしまうベリカです。

アームちゃんとは解散したお笑いコンビであるアームストロングのことでして、とか書いても誰?、って感じでしょうけど、とにかく明るい安村さんのコンビ時代のコンビ名です。アームちゃんってネタがすごい面白くてネタライブでも爆笑かっさらっていたけれどテレビにはそんなに出られなくて、という感じだったので安村さんがピンで出て売れた時は色々複雑だったけど、現状はもっと複雑だよ!っていうね。

 

とはいえここはJUMPのブログなのでお笑いに関してはさておき。

 

 

有岡大貴くんお誕生日おめでとうございます!

 みんな大好き有岡くんも26歳!年相応に見える時と5歳児に見える時がある(笑)、そんな不思議な有岡くんについて本日は語るよ。

 

先日友人とご飯を食べていて、ジャニーズはやっぱりギャップがあるよね、という話になった。友人は嵐とV6が好きなのだけど、例えば大野くんだったり長野くんだったりがコンサートでがしがし踊っているという話をすると世間の人はびっくりすると言っていて、あーまあそうだよねえ、と。テレビの印象しかないと2人ともおっとりした感じを受ける人達だし。

その時は、あーそうだよねえ関ジャニの村上くんとかも『月曜から夜ふかし』とかのイメージしかないとコンサート見て驚くって言うもんねえ、と納得していたのだけど、そうだよJUMPもじゃん、と後で思った。それこそ光くんと有岡くんの『ヒルナンデス』コンビは世間的だとバラエティのイメージが強いだろうから、コンサートでバッチリ決めている2人を見たら、こんなカッコ良かったんだ!となるだろうなあ、と。

とか書いておいてなんだけど私は逆で、ハマる前にコンサートのDVDとか見せてもらっていたので、有岡くんカッコいい!歌声めっちゃいい!が先だったのね。なので後でバラエティで弄られていたりとか、ちょうどいいブス扱いだったりとかを見て結構驚いた、実は。昨日のブログでもちらっと触れた『いただきハイジャンプ』の自撮り回で、スタッフさんが「皆さんイケメンなので」と言った時(余談だけどそこでごく普通に頷いて流す裕翔くんがめっちゃくちゃツボだったよ!)、伊野尾くんが芝居がかった感じで「ほんとに皆イケメンなのかな」と言って有岡くんを見て、有岡くんが「俺を見るな」的な返しをした時も結構驚いたんだよなあ、ハマり立ての頃だったというのもあって、あれ?メンバー内ではそういう(有岡くんはイケメンではない)扱いなの?、と。

ついでに余談だけどビビリ三銃士の時に最初3人の共通項が分からないという話になって、山田くんと裕翔くんはイケメンだけど、みたいな弄りになった時に伊野尾くんが「俺が一番イケメンだから!」みたいな返しをした時も、メンバー内ではそういう扱いなの?、となったなあ。JUMP内ではBESTはイケメンではない扱いってことなの?完全に余談だけど。

 

有岡くんに話を戻すと、私はコンサートのDVDとかを先に見せてもらっていたので、あんなカッコいいのにバラエティではこんなにボケられるんだ、弄られて返しも出来るんだ、この人すげえ!、がハマって最初の頃の印象で、それは今も変わっていない。今も、ってそんなに時間が経っているわけでもないからというのはあるけれど。でもこの先何年経ってもそこは変わらない気がしている。

私の中で有岡くんはずっときっと、めっちゃくちゃカッコいいのに三枚目なことも出来て躊躇なく自分を落とすことも出来るカッコ良さを持った人、のままなのだろうなと。

 

お誕生日ということで改めて『Myojo』の10000文字インタビューを読み返していたのだけど、そういえば鹿児島県屋久杉に突如一人旅に行った時のことをファンなり立ての頃に知って驚いたんだよなあ、と。有岡くんといえば元気で、いるだけで周囲を明るくしてくれるという印象だったから、あまりそういう悩んでいる(いた)姿とかを前面に出したくない人なんじゃないかとも思っていて、私の印象では元気で明るいキャラの人というのは、実は内面では色々な悩みを抱えていたりもするのだけどそういうものを自分の内部で処理して外に見せる分には明るく振る舞う、というのがあったから。だからそんなに悩んでいたんだ、というよりは、それテレビで言っちゃうんだ、ということに驚いた。(ファンは知っているだろうけど)言っちゃっていいんだ、と。

ただ同時に、そういうことを言えるのだなあ、表に出せるのだなあ、ということに対して安心もしたんだよね。明るく元気なキャラということに縛られて、そうではない部分を出せないような不自由さがあったら辛いなとも思っていたので、そうではなくて本当に良かったなあ、とも思ったし、同時に、ちょっと(キャラとは)違う部分を出したところで有岡大貴という人がぶれることはないのだなとも思った。悩んでいた時期があったけれど思い立って一人旅をしたことで吹っ切れたところがあった、というエピソードを話すことによって有岡大貴という人のキャラが崩れることはないし、むしろもっと深みを増すのだなと。

 

実際、数年前のDVDを観たりすると、やっぱり幼いなーと思ったりする。そりゃそうなんだけど。でも今をテレビで観ても大人になったかというと、やっぱり見た目に関してはどこか幼さを残しているというか、ずっと可愛らしいままだなとは思う。でも表情とか見ていると、幼さの中に色々なことを抱えてきたり乗り越えてきた積み重ねが感じられるというか。

つくづく有岡くんは昔より今の方がずっと魅力的だなと思う。ちゃんと色々な経験であるとかその時その時の感情をひとつひとつ積み重ねて糧に出来る人なのだと思う。そういう人は歳を重ねるごとに魅力が増すのだけど、有岡くんはまさにそういう人なんだろうなと思う。

 

そして有岡くんの良さのひとつとして、やっぱり周囲への気遣いが上げられるよなと思う。JUMP結成時も7とBESTの架け橋になりたいと思ってそう動いていたというし、おそらくだけど有岡くん(と知念ちゃん)がいなかったらJUMPは今こんなに仲良くなれなかったのかもなとは思う。

そしてヒルナンデスのロケでもよく見られるお店の人だったり紹介してくれる人だったりへの気遣いね。有岡くんの1人ロケでよく見られるのが、有岡くんがテーブルについて、で食べ物を出されて食べてその美味しさに思わず横に立っているお店の人を見上げる、というのがあるけれど、あんな嬉しそうにきらきらした笑顔で見上げられたらそりゃみんな有岡くんのこと好きになるじゃーん!、って思う。

f:id:miracle-yamabiko:20170415180900j:plain

この間のヒルナンデスのこれとかね。口に入れてハッてなって見上げるんだよ。この店員さんはもちろんのこと、視聴者もみんな有岡くんのこと好きになるじゃん!ちきしょう爆モテめ(笑)。

 

ヒルナンデスはもちろん、どの番組を観ても有岡くんの良さが感じられるし、コンサートももちろんそうだし、きっと有岡くんは今後もっと人気者になっていくのだろうなあ。そして私もそんな有岡くんをずっと見ていたいよ。

 

有岡くん、お誕生日おめでとう!

この一年もまた、有岡くんにとってますますの飛躍の年になりますように!