読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

『Myojo』の有岡大貴10000文字インタビューの感想を書くよ 後編

こんばんぬ。パンダ理論の ベリカです。

ジャニWebのJUMPコラム連載、JUMPaperが今月あと2人ということでそろそろ更新かなーと思っていたら本日薮くんが更新。なのだけど、本日発売になったDVDについては一切触れられず(とはいえ内容的にもっと前に書いていたものが何らかの理由で今日アップになったのかな、という気も)。

あと知念ちゃんが更新していないけれど、今のところもしかして誰も『DEAR.』のDVDに触れていないんじゃ、と思って確認したら有岡くんだけが触れていて、さすがだなとか思っていたのだけど、流れで読んでいたら『SHen SHera SHen』が頭から離れない、と。

まただよ!読んだ時もだったけどまた頭から離れなくなったよ! ♪シェンシェラシェンのパンダ理論~が!

ずーっと頭の中でそれが流れながら仕事をしていたよね。恐るべしパンダ理論。

 

 

『Myojo』の有岡くん10000文字インタビュー感想、今回がラスト。

今回は有岡くんの目から見たゆとやまについて。

 

Myojoと言いつつ今日買って来た『TV LIFE』の話から入るのだけど、デビュー日以外の記念日を訊かれて山田くんが「俺と裕翔が和解した日」と言って、まずそれにびっくりしたのだけど皆が「いいよ」と言ったことにもっと驚いた。だって、”JUMPの” 記念日、と言っているのに。いやそんな本気で記念日を作るわけではないからいいっちゃいいんだけど、なんというか、そ、そうか、となった。ただでも言い換えれば、それだけJUMP全体にとっても大きなことだったのだろうなと思う。

 

でようやくMyojoの話に戻るのだけど、昔の山田くんは誰かがイラッとすることを言ったら有岡くんのところに行って愚痴っていたということで、おそらくだけど全てではないにせよ裕翔くんに対して、というのもあったのだろうなあ、と思う。裕翔くんのとこで「いまだに裕翔が山田に冗談を言ってヒヤッとすることがある」と言っていることを考えると。もちろん他の人に言われたこととかもあっただろうし全てではないにせよ、裕翔くんとのこともきっと山田くんは有岡くんに言っていたのだろうなと思うし、言いやすかったのだろうなとも思う。

あと結構これ重要なんだけど、有岡くんって例えば山田くんが裕翔くんに対しての愚痴を言ったからといって、必要以上に裕翔くんの事を嫌いになったりとか、うがった角度で見たりするような事はない人だと思うのね。もちろん裕翔くんの方が悪いと有岡くんが判断すれば「それは裕翔が悪いよ」と言うかもしれないけれど、無条件に山田くんに肩入れしたりすることはないのだろうなと。これほんと重要なのよ。だって山田くんにしたって別に愚痴の相手を嫌って欲しいわけではなかっただろうからね。不満とかは言いたくなることもあるけれど、例えばそれで「うわーあいつ最悪だな。俺あいつ嫌い!」とか返されたらそれはそれで困るというかね。それが対メンバーだったら余計に。

そういう観点からも有岡くんって言いやすかったんだろうなあ、と思う。山田くんの気持ちに寄り添いながら、でもあいつはあいつでいいところあるし、と言える人だと思うから。

そして山田くんの前に居続ける辛さをちゃんと理解して少しでも楽になるように頑張ろうと思ったっていうのがね、なんとも泣けるし、今こうやって『ヒルナンデス』のレギュラーであるとか色々なお仕事が入って本当に良かったなと思う。頑張りたくても仕事がない状態だったら、前回もちょろっと書いたけど有岡くん自分を責めそうだし。

 

裕翔くんは生真面目だったというから扱いが難しいところはあっただろうなあ。本人があの頃の俺は嫌だと言っているくらいだし。でも有岡くんは「嫌ってたわけでもめんどくさかったわけでもない」ときっぱり言っているんだよね。そしてこれは別に取材だから聞こえのいいことを言わなきゃということではなくて本心なんだろうなとも思う。有岡くんだし。「力不足な自分が申し訳ない」と有岡くんが言っていたけども、やっぱり自分に向く人なんだと思う。良くも悪くも人のせいにしないっていうね。

だからこそ、裕翔くんが変わったことで、裕翔くんの良さをテレビとかでも出せるようになったことを有岡くんは本当に喜んでいるんだろうなとも思うよ。

 

そしてゆとやまの和解。「このふたりが歩幅を合わせるなら怖いものはない」って言葉に、最初読んだ時号泣したよね。あまりにも泣きすぎてその後しばらく読めなかったくらいに。ずっと近くでふたりを見てきたからこそ言える言葉でもあるよなと。JUMPのためというのもあるのだろうけれど、ふたりのことを考えた時に仲がいい方が絶対にいいとずっと思っていたのだろうな。そう考えると泣ける。

 

JUMPに有岡くんはなくてはならない人だけど、同時にゆとやまの関係としても有岡くんはなくてはならない人だったのだろうな、と思うよ。知念ちゃんと共に。

有岡くんありがとうー!大好きー!(どさくさにまぎれて告白・笑)。