読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

有岡くんはやっぱりツッコミには向かないと思った

こんばんぬ。他力本願 ベリカです。

本日は観賞会をしてきたよー。『DEAR.』を観て来たよー。そして山田くんのお誕生日も祝ったよー。

f:id:miracle-yamabiko:20170513195508j:plain

これが出てきた瞬間、『ツイッターとかで見るやつだ!』と思ったよね。口に出したら頭の悪さがばれそうだったから言わなかったけど。

これ誰か裕翔くんのも作らないかなー。裕翔くんお誕生日会あったら行くのになー、って思いっきり他力本願だな!お前がやれと言われそうだけど人望ないからなー。の前にツアー始まるからそれどころではなくなりそうだけども。

 

 

先日の『ヒルナンデス』に伊野尾くんがゲストに来た回の感想を途中まで書いていてまだ出来上がっていないのだけど、先にこの部分だけ。伊野尾くんのイメージが「プチトマトをただひたすらかじっている」と言われた時に、「トマト大好きだからね」と同意する有岡くんであったりとか、『リトルトーキョーライフ』で共演している麒麟川島さんが、「(学生時代ナイキがすっごい流行ったから)机にナイキのロゴマーク掘ってた」と言ったところ、すぐに「自分で描くと(曲線のところが)難しいんですよね」と同意する有岡くんを見て、やっぱりこの人ツッコミには向かないんだよなあ、と改めて思った。

有岡くんについては以前こんな記事を

m-yamabiko.hatenablog.jp書いたことがある。ざっくり説明すれば有岡くんって基本的に人を否定しないよね、という内容。

今月号の『Myojo』の有岡くん10000文字インタビューを読んだ時も思ったのだけど、とにかく否定しないよなと思う。裕翔くん曰く「冗談が通じなかった」頃のことも、良さを世間に広められなくて悔しい的なことを言っていたし。

今更私が言うまでもないのだけど、有岡くんという人はめっっっっちゃくちゃいい人だし、きっと誰かの悪口を言ったりするようなこともないのだと思う。何か理不尽なことをされても、俺にも落ち度があったかもだし、と思いそう(それも度を越すと自分を卑下することにもなりかねないから心配にはなるのだけど、今の有岡くんなら大丈夫かなという気もする。勝手に)。

 

でもって。

ツッコミというのは時には非情にならなければならないものだと思っている。だってものっすごく平たく言えば「あなたの言っている(または、やっている)ことは間違っていますよ」と指摘することでもあるから。そうなると、あまりに素直だったり優しかったりするとツッコミとしては機能しなくなるんだよね。

実際芸人でもいる。この人ツッコミとしては優しすぎるんだよなー、とか、素直すぎるんだよなー、という人。もちろんそういう人達は日々工夫をしてツッコミが出来るよう頑張っているわけなのだけど。

 

お笑いというのは基本的に残酷なものではあるんだよね。基準であるものから絶妙にずれているということに対して笑いが起きるのだし、つまりそれはものっすごく平たく言えば、変ですよ、普通じゃないですよ、と言っているようなものだから。

それでも私はその残酷さ含めてお笑いが大好きだし、残酷さを理解した上で飲みこんで笑いを取る芸人さんを尊敬もしている。テレビで一番見るのはバラエティだし、お笑いライブもちょいちょい行くし。

 

そして有岡くん。

バラエティで彼を見る度に、本当にサービス精神が旺盛で周囲を楽しませたい人なのだなあ、と思うし、同時にツッコミとしては優しすぎるんだよなとも思う。

「プチトマトばっかり食べてるイメージ」にしても、「ナイキのマーク掘ってた」にしても、その場にツッコミ芸人がいたら即座に突っ込んでいただろうと思う。相手がボケで言っているかどうかは置いておくにしても、ツッコミがしたい人からすればボケになりうる言葉だから。

でも有岡くんは同意をしているんだよね。

ほんっとそれは、有岡くんの優しさだし長所だと思うんだよ私。

 

 

先日出た『WiNK UP』でコンビどちらが甘えるか、という企画をやっていて、BEST内でだけだったけれど有岡くんは全員から甘えられる立場だった。おそらく7を含めた全員でやったとしてもメンバー全員から甘えられるのが有岡くんになっただろうと思う。

それはきっと、理由の一つとしては有岡くんがなんでも受け入れてくれるからなんだろうな。

ちょっとボケたことを言っても否定しない、むしろ同意してくれる、愚痴っても同意しつつ相手(愚痴を言った先)のことも否定しない、いのちゃんがムチャブリとも取れるようなミニコントを仕掛けても否定せずに乗ってくれる。そりゃこんな受け入れてくれるならみんな頼るよ!甘えるよ!

 

有岡くんはツッコミもやりたいと思っているらしいけれど、あの性格は全く持ってツッコミには向かないと私は思っている。でも、それこそが有岡くんの良さであり皆に好かれ慕われるところなんだよね。私もそんな有岡くんが大好きだし。

 

昨日ふとブログのカテゴリを見たら、裕翔くんの次に書いているのが有岡くんで、そうだよなー私有岡くんのことめっちゃ好きだもんなーと納得した。別に書いていないメンバーのことが好きじゃないわけではないのだけど(個人仕事の多さとかも関わってくるところなので)、有岡くん好きだなーと思ったらこういう記事になったんでした。