読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

『ヒルナンデス』いのありロケが楽しかった件

こんばんぬ。怪しいンデス ベリカです。

ツイッターのプロフィールに、無言フォローしますが怪しいものではありません、と書こうと思ったのだけど、そういえば以前友人とこんな会話をしたことがあった、ということを思い出した。

私「私って普通だよね?」

友「普通の人は自分の事を普通って言わない」

正直、今まで生きてきて、これ以上の正論はないなと思った。

まあ確かになー、怪しい人が自分の事を怪しいんですとは言わないもんなー、と思って書くのを止めたっていうそれだけの話なんだけどね。

ちなみにツイッターは、@belica_0810 です。最初はリア友しかフォローされていなかったから誕生日を裕翔くんで設定していたけど、ツイッターを通じて知り合った方が少しずつ増えて来たので慌てて自分の誕生日に設定し直したのはここだけの話(笑)。

 

 

本日は『ヒルナンデス』に伊野尾くんがロケゲストで来たよー楽しかったよー!という話だよ。

今回はニトリで疑似家族になってロケをするというもの。わっくんこと渡部健さんがパパ、いとうあさこさんがママ、有岡くんが長男で伊野尾くんが次男。一緒にいるのがメンバーとレギュラー番組の共演者ということですっかり馴染みまくりの伊野尾くん。

料理をするか訊かれて

伊野尾「ちょっとだけ。オクラのごま和えとか」

あさこ「プチトマトだけをただひたすらかじっているイメージ」

どんなイメージだ(笑)。

とはいえ、

有岡「トマト大好きだからね」

そこにあっさり同意する有岡くんな。なんだろう、有岡くんのこういうところ好きなんだよなー!となったくだり。

そして個人的にすっごい面白かったのが、キッチングッズでモノボケをやる流れになった時に、「大ちゃん何年こんなことやってるか」「これで飯食ってんだもんね」と言うレギュラー陣に対して、テロップで『注:有岡くんはアイドルです』と出たこと。いやいやいや普段番組が率先して弄ってるじゃん!とか思ったけど、こういうところに番組側からの有岡くんへの愛情を感じるよなあ、と思ったり。

 

食器のコーナー。税込200円しない食器を見て

伊野尾「頑張れば300円くらいで売れそうですよね」

このコメントめっちゃ秀逸だったよなー(どこ目線だよ、という感じだけど)。ずっと「安い」「安い」と言ってきて、安いのは事実だけども、となった辺りにさらっと言うっていうね。しかも300円っていうのが絶妙だよなー実際ほんとに300円くらいで売れそうだし(笑)。

 

猫の耐熱マグカップを紹介している時、ワイプがずーっと光くんなのがまたね、番組の光くんへの愛情を感じたよね。

かけ時計のところで猫の時計を見つけた時も光くん弄りをした上で猫に驚く光くんのVTRまで流していて、そういうちょっとしたところでほんと光くんってこの番組に愛されているんだなーと感じるよね。もちろん有岡くんに対しても感じるし、2人とも番組に無くてはならない人になっているのだと思う。私が火曜ヒルナンデスを見始めたのは今年に入ってからなので、それ以前の事はあまり分からないのだけど、この番組が光くんも有岡くんも大好きなんだなというのは毎週見る度に伝わってくる。だって、いくらスタジオにいるとはいえ、その場にはいない人のことそんなに弄らないと思うんだよね。大好きだから話題に出るわけだし。

そしてそれは一朝一夕では成し得なかったことなんだよなとも思う。毎週アイドルの2人がバラエティ番組という自分らのホームではなかった場所で誠実に頑張って結果を出してきたことが今に繋がっているんだよなあ。

 

『ヒルナンデス』って普通に楽しいー面白いーって見ているのだけど、よくよく考えていくと、光くんも有岡くんもすごいことやってるんだなぁぁぁぁぁぁ!!!!!、となるよね。

 

光るポスターを見て、「ちょうど光って欲しいところが光ってるー!」と言って、そりゃそうだよと突っ込まれていた有岡くんだけども、そういう発言がまた愛されるところなんだろうなと思うと同時に、もしこれを他の人が言ったとしたら速攻で同意していたんだろうなとも思うよ。基本的に否定せず何でも受け入れてくれる有岡くんだし(そして有岡くんがさっきの発言をした時、「ほんとだー」と言ってくれるあさこ姐さんな)。

 

お互いの初めて会った頃の印象を訊かれて、有岡くんは伊野尾くんについて「女の子かと思った」「綺麗過ぎて最初近付けなかった」というようなことを言っているのを聞いて、先月読んだ『Myojo』の有岡くん10000文字インタビューを思い出したり。この時の印象がある種ずっと続いているからこそ、遅かれ早かれ伊野尾くんは世間に見つかると思っていたのだろうなあ。

伊野尾くんが有岡くんについて「変わらない」と言っていたけども、おそらくだけど皆多かれ少なかれそういうところはあるのだと思う。いのちゃんは裕翔くんに対してもJr.時代のイメージが残っていると言っていたし。『リトルトーキョーライフ』でゆとやまが電柱を造りに行った時に、山田くんが裕翔くんを指して「器用なんですよ、あの子」と言った時も感じたんだよね。あくまで私の感覚だけど20歳過ぎた男性に対して「あの子」呼びはあんまりしないかなと思うので、どこかでやっぱり出会った頃のまま残っている部分があるのかなと思ったりした。

 

クッションコーナーで、『風の谷のナウシカ』もとい風の谷のアサコであさこ姐さんがはしゃいでいた時、皆大笑いして誰ひとりツッコミを入れないのがなんとも幸せな空間だよなーと思ったり。でも誰もツッコミを入れないからちょっとふわっとしたところで有岡くんが「今日イチ幸せそうだった」と言って締めるのがまた素晴らしいなと。突っ込まず否定せず綺麗にその場を終わらせる、っていう。

 

欲しい家具を訊かれて、ソファが欲しいと言う伊野尾くん。「今のが古くなったとか?」と訊かれて、「いや……ノリでソファ捨てちゃったんですよ」

いやいやノリって何!?、と思ったけど、よくよく考えるとすっごい便利な言葉だよなとも思った。だって何を訊かれても「ノリで」と返せるもの。「古くなったわけじゃなくて?」「いや、ノリで」「酔ってたとか?」「ノリで」……すごい、それ以上追及出来ないよ。だってあってないような理由だし。

とはいえ、「古くなったとか?」と投げかけられているのだから「もう大分長いこと使っててー」とか適当に乗っかればいい気もするのだけど、わざわざ「ノリで」と言う辺り、素直なのかなんなのかよく分からんなーと思ったり。

 

ソファーベッドでいちゃつくいのあり(笑)。それにしても、ベッドを起こしてソファーにすることでいのちゃんが有岡くんにのしかかる形になったのだけど、その流れが見事なまでの阿吽の呼吸で、バラエティ慣れしているってこういうことなんだよなあ、となんか妙に感心したりしたよ。

 

途中まで書いていて放置していたのだけど、気付いたら明日が火曜だし、今度はスタジオゲストに伊野尾くんが来るし、ということで慌てて書き終えた。明日はスタジオに伊野尾くんと山本美月ちゃん、ということで、ズッコケは揃うし光くんと美月ちゃんだしでなんという豪華な回なんだ!となったよ。明日が楽しみ過ぎる!

 

 

 

とかたらたら書いていたら、映画の撮影クルーが乗った船が事故に遭って、スタッフさんが大怪我、知念ちゃんも軽傷と知って、ただただ心配になった。撮影は続けられるそうなのでその点に関しては安堵したけれど、とにもかくにも怪我をされた方全員が早く良くなりますように。そして無事に撮影が終わりますように。