都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

『Myojo』の知念侑李10000文字インタビューの感想を書くよ 前編

こんばんぬ。涙と笑い ベリカです。

貴族探偵』の最終回良かったねえー!まさに泣いて笑ってだった。これから観る方もいると思うので内容には触れないけれど、めっちゃ良かった!

そしてその後『コードブルー』の予告ね。有岡くーん!いや有岡くんなんだけど有岡くんじゃなかったよ!少なくとも『ヒルナンデス!』の有岡くんじゃなかったよ。役者さんの顔だった。カッコいい!次の月9も楽しみだー!

 

 

さて本日からは『Myojo』の知念ちゃん10000文字インタビューの感想を書いていこうと思うよ。

 

まずさ、扉の写真がめっっっちゃくちゃカッコいいよね!カッコいいよね!カッコいいよね!大事なことなので3回言ったよ。でも足りないよカッコいいよね!!!!!

なんかもうね、ずーーーーっと見ていられるからうっかりページめくるの忘れそうになるよね(笑)。でもめくらないと次に行けないからめくるけども。はーにしてもカッコいい!

 

ところでまず最初に全体を読んだ感想として、知念担の方は本当に幸せだなあ、と思った。別に裕翔担に不満があるわけでは全くないのだけど(笑)、まさに、【THE アイドル】を貫く知念ちゃんの姿勢であり活動でありというのは本当に素敵だし、もうさ、こんなん知念ちゃんのファンなら涙なしには読めないでしょ実際。私も泣いたし。

 

>みんなが僕たちを支えてくれて、まっすぐ歩ませてくれたんだなって思います

なんて最初に言われたらさあ!泣くしかないじゃんねえ!!!そしてまっすぐ歩いてきた先に憧れだった大野くんとの共演があったりとか、色々なお仕事があるわけで、それって本当に素敵なことだなと思うよ。

ちょっと話はずれるのだけど、芸人さんが時に言う話で、どうしたら売れるか売れる先輩に訊くと、「辞めないで続けること」と返ってくる、と。仕事を辞めずに続けていればいつかチャンスが来るから、と。でもそうはいっても続けるのって本当に大変なんだよね。当然ながら生活がかかっているわけだし、年齢が上がればバイトも見つかりにくくなるし、自分をとりまく状況も変わってくるし。実際、結婚であるとか親の介護であるとかという理由で辞める芸人さんも結構いて、それはもう仕方のないことなんだけどね、ただでも10年20年無名だったのが何かの拍子でブレイクするというのは実際にあることなので、続けていけばいつかは花開くこともあるのだろうなと思う。もちろんつぼみのままで終わる可能性もあるわけだけど。

知念ちゃんは「まっすぐ歩いてきた」と言っていたけれど、ド新規の私が言うのもなんだけどその道は平坦ではなかったはずだしまっすぐでもなかったのだろうなとは思う。頑張っても結果が出ない事もあっただろうし、大人の事情で自分達の意志とは違うことをやらされたこともたくさんあったと思う。CDだってずっと出せなかった時期もあった訳だし。

でもそういうことを全部ひっくるめて「まっすぐ」と表現する知念ちゃんは素敵だと思うしカッコいいとも思うし、やっぱり続けてきた人だけが持てる言葉の重みもあるなと思った。ジャニーズを辞めたいと思うことはなくても、仕事が上手くいかなくて悩んだり落ち込んだりとか、もっと仕事をしたいと焦ったりすることもきっとあっただろうと思うのだけど、それでも「まっすぐ」なんだなと思うとそれだけで泣きそうになるというかね。

 

ものっすごく当たり前のことを書くけど(まあいつもそうなんだけど)、【辞めないでいてくれる】というのは本当に大きなことなんだよね。だって芸能界を辞められたら応援のしようもないから。

まさに今日、『僕らの勇気 未満都市』のSPドラマに当時ジャニーズJr.で今は会社員である小原裕貴くんが出演するというニュースが流れて、もう本当にあちこち大騒ぎになっていたのを、私はほうほうそうなのかーと思って見ていた。私のジャニオタ歴は3年くらいなのでいわゆるJr.黄金期をほとんど知らないのだけど、それでも小原くんの名前はぼんやりだけど知っていた。めっっっっちゃくちゃ人気で、Jr.で唯一卒業コンサートが行われたとか(今日知った)。

それくらい人気でも、辞めてしまえばもう大っぴらに、というか例えばコンサートに行ったりテレビで見て応援することは出来ないんだよね。続けてくれるからこそこちらも応援することが出来るわけで、ファンでいることが出来るわけで、それって当たり前のように感じていたところもあるのだけど、知念ちゃんが日々ジャニーズを続けたいと思ってくれているからこそでもあるんだよなと思う。

 

どうしても世の中って、「辞めようと思ったけど頑張って続けた」の方が評価されがちではあるのだけど、本当に素晴らしくて尊いのは「辞めようと思わなかった」の方だと思っている。特にこういうエンターテイメントに関しては。だって自分が応援している人に辞めたかったと言われたら複雑な気持ちになるもの。もしかしたら好きな相手に無理をさせているのではないかという気になるもの。それよりかは、「やっていて楽しい!」「ずっと続けたい!」「JUMPをあと何十年も続けていく気持ちがある」と言われた方が嬉しいし応援し甲斐があるんだよね。あ、今書いてて思った。知念ちゃんって本当に、応援し甲斐のあるアイドルなのだと思う。応援しただけ幸せを返してくれる、こちらを幸せにしてくれるというか。知念ちゃんのそういうところほんと好きだし、信頼出来るなとも思う。

 

 

ということで本日はここまで。続きはまた明日以降に書くよ。