都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPの話がしたいために作ったブログ

『Myojo』の知念侑李10000文字インタビューの感想を書くよ 後編

こんばんぬ。やっと見つけた ベリカです。

フォーチューン売っているお店をようやく見つけたよー!でもシャンプーとコンディショナーのセットのが売っていなかったのでとりあえずトライアルセットを買ってみたよ。しばらくはこれとジュレームを交互に使っていこうかなと。

 

忍びの国』公開おめでとうございます!本当は今日行く予定だったのだけど体調不良で行けず。とはいえずっと寝ていたら回復したので良かったけども。ただ今日行かないといつ行けるかという感じだったから今日行っておきたかったけどね。

そしてなんとか回復したのと夕方からは用事もあったので外出していたので『MUSIC DAY』もまだ全然観られず。とりあえず前半の分をざっと見て必要なところ以外消したけど後半はまだ手つかず。その辺りは明日だなー。

 

 

さて本日は、『Myojo』の知念ちゃん10000文字インタビュー感想最終回です。

 

振り付けを覚えるのが早いことに対して、「ずっとやってきたことなんで」とさらっと言う知念先輩カッコ良すぎない?ねえ!

今回読んでいて思ったのが、知念ちゃんって何気にフラットな人なのかもなと。何かに対してものすごい気負いがないというか。その後のコンプレックスが無いということにも繋がって来るのだけど、強いコンプレックスがある人はそれをどうにかしたいと思うからその分すごいエネルギーを発することがあるのね。なんとかしてそのコンプレックスを解消しようとか、他で補おうとしたりとか。それはもちろんいいことでもあるし、でも見ようによっては必死さだけが目立ってしまう場合もあるわけ。知念ちゃんはその感じが無いなーと見ていて思う。別に努力していないとか必死になっていないというわけではなくてね。ただ何て言ったらいいんだろう、色々なことに対して自然体というか、持っているものの中で最大限まで引き上げることを常に考えているというか。

背が低いことがコンプレックスではない、背が低いことで得したこともあるから、と言っていたけれど、例えば背が低いのが嫌だとなったらどうにかして高くしようとか(成長期に牛乳飲みまくるとかそういうね)、高く見せようとかしようとするところなのだけど、知念ちゃんは背が小さいことを受け入れつつ、じゃあこれをどう武器にするかと考えられる人なんだなと思った。

そしてそれは自分だけでなく周囲の人に対してもそうで、この人はこういう人で今こういう立場だからじゃあ僕はこう対応しよう、と自然に出来る人なんだろうな。他人に、何でこれが出来ないんだよ、とかは絶対言わない人。前回の記事で、裕翔くんが一番辛かったであろう高校時代に、知念ちゃんがごく普通に寄り添ってくれたことに感謝する文章を書いたのだけど、それも知念ちゃんにとってはごく当たり前のことだったのかもなと今更ながら思う。僕が傍にいなきゃ!、とかの強い意志ではなく、辛いよねー傍にいるよーくらいの(伝わるこれ?)。そしておそらくだけど裕翔くんにとっても、知念ちゃんのそういう自然体で隣にいてくれる感じは本当にありがたかったんだろうなと思う。

 

『スクール革命』をちゃんと見始めたのは今年に入ってからなのだけど、見ていて驚いたのが、山田くん弄りの激しさ。Hey!Say!JUMPのエース山田涼介をあれだけ弄れる番組って他にはないよねおそらく(『いただきハイジャンプ』は弄るにしても全員に対してだし)。なので最初の頃はほんとびっくりしたし、山田くんが以前雑誌で「番組によって持ち上げられる時と弄られる時があるから自分の立場を作るのが難しい」的なことを言っていて、弄られる?、とその時は首を傾げたのだけどスク革か!となった。そしてスク革の何が凄いって、弄り辛いと思われる山田くんであるとか光くんを弄ってくることなんだよね。光くんは今でこそバラエティでガンガン活躍していて弄られる事もよく見るようになってきたけれど、以前は「怖くて突っ込めなかった」と知念ちゃんが言っているくらいだし。

で、知念ちゃんが言う通り、知念がやって成功しました、次に山田がやって失敗しました、という流れがスク革であるので、知念ちゃんのプレッシャーはハンパないだろうなあと思うけれどそこでちゃんと結果を出すのがさすが知念ちゃんだしさすがジャニーズなんだよなあ。そういやこの間の『VS嵐』のクリフクライムに知念ちゃんが挑戦していたけども、普通あんなに軽々とクリア出来ないからね。本来もっと手間取るし、特にあの回は難しめに設定されていたからあんなあっさりクリアする知念ちゃんはやっぱすげーなーとなった。

 

そして、「ジャニーズのアイドルになりたくてなった」「一番やりたいのはライブ」とか泣かせるんですけど!!!いやもうほんと、最初にも書いたけど知念担の人は幸せだと思うよ。もちろん私も知念ちゃん大好きだけどね!ただ自分の担当の人に、アイドルになりたくてなったからこの先もずっとアイドルでいたい、と言われるのは本当に嬉しいと思う。だってアイドルの彼を見て好きになったわけだし。

また「ファンがいるからこそ、僕たちは存在する」とか言われたらもうね!!!つくづく、まさにアイドルの鑑だと思う発言だなと思う、知念ちゃんの言うことって。やっぱりファンは一番何が見たいかといえば、その人が楽しく仕事をしている姿だと思うのね。だってコンサートで嫌々ながらこっちに手を振られても微妙でしょ(笑)。やっぱり楽しく幸せな姿が見られるのが一番!なので、知念ちゃんは常にそういう姿をこちらに見せてくれるということなんだよなと思う。それって本当に幸せだし嬉しい!

 

担当や推しの人に色々あっても、やっぱり何が一番辛いって、解散であるとか芸能界を辞めることだと思う。だから本当に続けてくれるのはありがたさしかないし、ずっと続けたいと言ってくれるのもありがたさしかない。

つくづく、知念ちゃんは応援しているファンの気持ちがよく分かっていると思ったし、それって本当に幸せなことだなとも思う。

ありがとう知念ちゃん!これからも応援するよ!!!

 

 

m-yamabiko.hatenablog.jp

m-yamabiko.hatenablog.jp