都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

『QLAP!』8月号が素晴らしかった件 その3

こんばんぬ。10点差って ベリカです。

本屋に寄ったりしていたらなんやかんやと帰ったのが9時頃とかそんなくらいになっていて、でパソコンを開いてツイッターを見たらトレンドに『ヤクルト10点差』とあるわけよ。今日バタバタしていて全然試合経過を見ていなかったので、10点差って何!?、と思ってちょっとびくびくしながら開いたら、10点差つけられていたのに追い付いていた。そして最終的にヤクルトサヨナラ勝ち。

いやほんとね、人生何があるか分からないよね!

つっても全然チェック出来ていないのでなにがどうなって10点差をつけられそして追い付いたのか知らないんだけども(笑)。

 

 

ベストアルバムが出たし『Myojo』の話もしたいし今日はテレビ誌と『an・an』を買ってきたし明日は『VS嵐』にJUMP全員出るし『ぐるナイ』に光くんが出るしで忙しいよ!いやめっちゃ嬉しいんだけど、正直なことを言ってしまうとちょっとキャパオーバーというか、ひとつひとつのことをのんびり考えたい人間なので情報過多うわあー、となっている現状。でも出来る限りこの波に乗っていたいと思うよ。

色々書きたいことはあるのだけど、まずはちょこちょこ書いている『QLAP!』の感想をひと段落させたいということで本日はその続きから。

前回までのはこちら。

m-yamabiko.hatenablog.jp

m-yamabiko.hatenablog.jp

まずは髙木くん。『H.our Time』絶賛してるー!でも分かるよ分かるよめっちゃいい曲だよねめっちゃいい曲だよねめっちゃいい曲だよね!!!感想飛び飛びになっているうちにベストアルバムが発売されるって、と思わず自分に突っ込んだけど、でも実際聴いてから感想を書くとまた違うなとは思った。にしても、「尊敬もしていた」とさらっと言う辺りがカッコいいよなあ。JUMPは皆仲がいいこともあってメンバー間で褒め合うことに対して全く抵抗なく、いいと思ったものはいいと素直に言い合えるところが素敵だなと思う。

『H.our Time』は圭人くんの曲もめっちゃいいのだけど、歌詞もほんといいよね。泣ける。ライブで披露してくれたら泣く人続出するんじゃないかなと思ったし、こんなド新規の私ですらうるっときたし。また髙木くんの書いた歌詞がいいんだよね!ほんとぐっとくる。

振り付けを揃えることを意識し出したのって『OVER』からなのかー。それを頭に入れてMV観ようと思うよ(まだベスアルのDVDは一切観れていない状況。週末にでもまとめて観たいところ)。実際、初めてJUMPのDVDを見せてもらった時、大所帯なのに振りが揃っていてすごいなーと思ったので、揃えることがJUMPの個性、というのはほんとそうだよなと思う。人に良さを説明する時も説明しやすいし。

 

裕翔くん。ファンからパワーをもらって来た10年、って言葉の重みにうおう、となったよ。それこそ10年ずっと応援して来た人はほんっと嬉しいだろうなと思うし、やっぱり、古参の方が支えてきた年月があったからこそ今があると思っているし。

『真夜中のシャドーボーイ』の「シャドー?」はダサいと思っていたのか裕翔くん(笑)。でも気持ちは分からなくもないというか、いや別にダサくはないのだけど、なんというか王道ではないというか、そういうのがダサいと感じられるのかなーという気はした。でも今は気に入っているという言葉が嬉しいし、なんというか、答えはひとつではなくて、こっちから見たらこういう魅力もあるよ的なことってなかなか10代の頃は気付きにくいものなのだけど、そこに気付いて幅が広がってきたのかなあ、と勝手に。

『トビラの向こう』で、当時はかわいいと言われるのが嫌だったけど、今はかわいいもかっこいいも両方嬉しい、と言っていて、いい意味で色々受け入れられるようになったんだろうなと思った。それは裕翔くんが色々なことに挑戦してたくさんの武器を手に入れたからこそだとも思っているし、単純に良かったなあとも。

私はまだJUMPのコンサートに行ったことはないので裕翔くんのファンサを生で見たことはないのだけど、レポ読むとすごいよね。あちこちに完璧に応えていて。以前ツイッターで、『裕翔くんはファンの顔ではなく団扇しか見てないから裕翔担は顔作るより団扇に凝った方がいい』とあって、妙に納得してしまった(笑)。

 

伊野尾くん。「ベストアルバムが出ること自体が本当に嬉しい」ってまさになーと思う。やっぱりある程度は採算が取れると思われない限りはリリース自体されないからね。このタイミングでベスアルを出せたのはやっぱりJUMPの勢いがついているからに他ならないし、その勢いの一端を担っているのが伊野尾くんなんだよなとも思う。

で、いのちゃん『レインボーキャンディーガール』好きそう、って思った。なんとなくだけども。

『Chau#』は本当に可愛いよね。MVもめっちゃ可愛いし、もう何もかも可愛い!そして色々な方向に振り切るのがアイドルなんだよなあとも思った。

『真剣SUNSHINE』はいのちゃんにとっても、伊野尾担の方々にとっても大きな意味合いを持つ歌なんだよなと思う。私がJUMPにハマった時は伊野尾革命後だったから、歌番組でも結構いのちゃんテレビに映っていたし、私もそういうものだと思って見ていたから、以前は全然ソロパートなかったとか歌番組でも見切れていたとか聞いた時はほんとびっくりしたけど、いのちゃんに関してはメンバーが皆口を揃えて言うように「見つかった」だけなんだよなあとも思う。

そして今回のライブに対して、「10年後20年後に思い出した時に楽しかったなと思える時間にしたい」と言っているのが素敵だし、なんだかいのちゃんぽいなと思った。

 

 

あと最後にひとつだけ。裕翔くんが相変わらず山田くんを「嫁」と言っていて、ほんとこの人ぶれないなと思いました。