都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

『ウチの夫は仕事ができない』第四話感想

こんばんぬ。基本箱推し ベリカです

関ジャニ∞は基本的には箱推しなのだけど、最近錦戸くん好きだなーと思う率が上がってきたよ。昨日もちらっとツイッターには書いたのだけど、頭がいいなと思ってね。ジャニWebのウチの夫連載で沙也加の可愛いところを訊かれて、沙也加及び松岡茉優ちゃんを褒めつつ、あくまでも仕事仲間として褒めているし尊敬していますよ、というスタンスを出す、というのを短い文章で示していて、すごいなーとなった。実際沙也加ってめちゃくちゃ可愛いと思うし私もあんな嫁が欲しいと毎週言っている気がするし、でも夫婦役で共演している錦戸くんがあまりにも褒めていたらファンは複雑だし、でも採用した質問に答えないなら何でその質問を選んだんだよとなるし、ジャニオタにも松岡茉優ちゃんのファンはいるだろうし、とか考えると方々に気を遣わなければならない回答を要求されていると思うのだけど、質問に答えつつ役柄女優両方褒めつつある程度距離は置いてますよという返答だったんだよね。おそらくこれ読んだ錦戸担の方は皆、ウチの担当は仕事が出来る、って思っただろうな。

あとついでにウチの夫連載の回答でいいなと思ったのが、ドラマの中で怒られたり疎まれたりして本当に落ち込まないかと訊かれて、まったく、とだけ答えていたこと。実際そうなのだろうけども、心配しなくていいからと言外に言われているようでね、仕事出来るなあ、となった。

 

 

ジャニWebの話をしていたらうっかりそれだけで終わりそうなので感想いきます。

仕事が出来ない夫の愚痴を言うテレビを見て考えてしまう沙也加。でも仕事が出来ないといっても理由は色々あるだろうからね。単純に職場が合わないとかもあるし、どういう視点から見るかというのもあるし。それこそブラック企業ならば朝から晩まで休まず愚痴を言わず馬車馬のように働く人間が一番出来るとなるだろうし。

ただああいうのを見ると、司が仕事出来ない(あくまで今の職場で)ということを沙也加が早めに気付いて良かったよなと思う。気付いたからこそサポートも出来るわけだし。

 

ブヒ丸が浮気なんじゃないかという話で、みどりが「夫の浮気は妻の妊娠中が一番多い」と言った時に、ちらっと沙也加を見て、みどりに「そんなことない」と否定して、それから「みんなじゃないから」とじっと沙也加を見て言う司がね、なんかもうああーそうそう司ってそうそう!となった。姉に対して強くは言えないのだけどでも妻に変な誤解をさせたくはない、自分は全く浮気なんて考えていないけれどでも姉の手前声高に僕は違うとも言い辛い、ということで「みんなじゃない」と言う司。またその時の表情や口調がいいんだよね。姉が沙也加に配慮せずにガンガン言うことに対して顔をしかめつつ、でも沙也加に心配をかけたくないから「みんなじゃないから」と優しく、そして言い聞かせるように言う、っていう。錦戸くんほんと演技上手いな(※今更なことを今言うのがこのブログの特徴)。

 

そしてまさかだった司の妄想。そうきたかー!となった。このドラマってちょいちょい笑えるシーンを入れてくれるので楽しく観られるんだよなと思う。

で、一旦気になっちゃうと色々なことが一気に気になっちゃうんだよね。今まで気にも留めていなかったことまで、もしかしてあれって……、となっちゃう。

みどりに「妊娠中は妻が夫に愛想尽かす方が多い」という話をされて、最初はずっと目をぱちぱちさせているのに次第に見開いたままになる司が、最初は半信半疑で聞いていたけど次第に実感していく感じを表現していて(と私は捉えた)、小さなシーンなのだけどこだわりを感じたよ。

 

汐パラの打ち合わせ、仕事の説明を受けた田所が、大きな仕事を任された、という誇りとやる気と嬉しさが「はい!」という一言に現れていていいなとなった。たころ呼びもスルーするくらいに嬉しかったんだね。

毎回書いているけど田所って司視点から見れば嫌な奴なんだけど、完全に嫌な奴ではないんだよなと思う。仕事にやる気があってバリバリ仕事をしたいからこそ出来ない人間が同じ部署にいるのが嫌なんだろうなという感じ。司(でなくても誰か)をターゲットにして嫌味を言うことで自分のストレスを発散するというタイプではなく、単純に仕事が出来ない(と判断している)司が疎ましいのだろうな。だから前回のレイジカキタニの件で司の株がほんの少しだけ上がったからこそ今までより多少多めに話しかけるようになったのだと思う。今までの嫌味って邪魔だからさっさと辞めろよという感じだったけれど、今回からはちょっと雰囲気というか意味合いが違ってきているなと感じる。まだ認めてはいないけどね。

 

そして隙間とはいえ「責任者」と言われて嬉しそうにする司ね。土方ってなんやかんやと司のことを買ってくれているよなと思うのだけど、今後今の部署に司が来ることになった経緯も含めて判明していくのかな。

 

あかりの家でのもんじゃ焼き会からの、あかりと沙也加の話。前にある芸能人の方が言っていたのだけど、例えば○○がクスリをやっているという報道をされた場合、それが全くの事実無根であったとしてもそういう噂が流れた時点でもう真っ白ではいられない、グレーになってしまう、っていうね。しかもやっていない証明はやっている証明よりもずっと難しいから噂だけが独り歩きしてしまう、っていう。

あかりにしても沙也加にしても、引っかかる点がひとつ出来てしまうと真っ白ではいられなくなってしまうんだよなと思うし、完全には信じられなくなるんだよなとも思う。まだ家族間や直接話し合える間柄だったら誤解を解くことも可能だろうけどね。

 

そして司の任されたラップバトル企画。テレビ放映はないってもっとでかく赤字で書かなきゃダメだよーそれですら読まない人は読まないんだから。

前に聞いた話だけど、例えば○日に電車が一日運休します、とか、銀行のATMが○日は使えませんとかとなる場合、それこそ貼り紙だったりテレビやネットの広告だったりと、ありとあらゆる方法で周知徹底させるのだけど、それでも当日になって「知らなかった。聞いてない」という人が現れるのだとか。

なので確かにメール送りっぱなしで終わり、はまずいし、そもそもテレビ放映云々関係なく体調不良とかでドタキャンはあるかもしれないのだから、前の日急に来られないとなったらとか当日急にとなった場合の対処法も考えておかないといけないんだけどね。つくづく司って詰めが甘いんだよなー。

 

沙也加とみどりの牛丼のやりとり。ここ声出して笑っちゃったよ。ジャニWebのウチの夫連載によると、みどりの台詞はほぼアドリブなしの台本に沿ったものだそうだけど、ほんとアドリブっぽいよね聞いていると。それがまた笑っちゃうところなんだろうなと思う。でも実際にこんな義姉がいたらイラっとくるだろうなー。

 

司が帰って来てあかりと対面するくだり、「町田あかりです」と言われて、ブヒ丸の浮気疑惑とか一気に出てきたであろうけどそんなことを口に出すわけにもいかなくて、「あー!……あっ、お世話になってます」と、もろもろ飲み込んで笑顔で挨拶する司な。そうなんだよなー普通初対面でそんな話はしないだろうけど、司はその辺もっとというか、うっかりでも口に出すことはないだろうから、あの感じはほんと司だなーと思った。

 

司が沙也加に「責任者なんだ」と言うシーン、嘘は言っていないんだけど、でも色々抜けている部分はあるよね、ということでか、司があんまり沙也加の方を見ないんだよね。説明の時は顔を反らして、でも反らし続けると怪しまれるかもしれないと思ったのか最後は沙也加の方を見る、っていうね。で無邪気に喜ぶ沙也加に対して、『ちょっと、見栄を張ってしまった』と心の中で思った時の司の表情がまたね!目がちょっと寂しそうで。いやいや司ぁー嘘は言ってないから!と思ったよ。あとまつ毛長いなとも思ったよ(笑)。

 

尾行作戦、みどりの持つ双眼鏡でかすぎ!と思ったよね(笑)。東京ドームの一番上でもあの大きさはなかなか見ないよ、というかおそらく重すぎて2、3時間持っているの辛すぎるもんね(双眼鏡をコンサート仕様で考えるジャニオタあるある)。

にしても尾行下手すぎで笑った。あと絶対八百屋の店員から不審人物扱いされるから!(笑)。

そして、「あなたの妻のマタ友の夫の姉です」に大笑いしたよ。いや誰だよ!ってなるよな。せめて「あなたの妻の友人の(義)姉です」とか。いやどっちにしろ誰だよだな。

 

ブヒ丸とあかりの口論には思わず泣きそうになったよ。確かに「そういうことじゃない」んだよね。浮気とか浮気じゃないとかではなく、何の相談もなく黙って秘密裏に行われていたことが嫌なんであって(しかも50万円ってなかなかの大金だし)、でもブヒ丸にはブヒ丸の想いや言い分があるわけで、これ難しいよなあ、と思ったら泣けてきた。

 

司とブヒ丸の会話。ところで司よくブヒ丸の本名知ってたよね。沙也加もあかりも言ったことあったっけか。司がブヒ丸を追いかける直前に訊いたのかもだけど。

そしてブヒ丸の話を聞いている時は暗い顔をしていた司が、ラップバトルを提案してからは顔がぱっと明るくなるんだよね。いい方法思い付けたー、って嬉しそうなのがまた。

そしてラップバトルの出演者に断られまくっても、ブヒ丸のやる気とあかりへの愛を再確認してまた動き出す司がいいよね。司って人のためなら動ける人だから、案外イベント会社って合っているのかもなとここにきて思うようになってきた。多くの人を集めるには多くの人を楽しませなきゃいけないわけだし、ひとりひとりを見てひとりひとりを楽しませることが結果的に多くの人を楽しませることになるわけだし、そう考えると司の性格は何気に合っているのかもなー。今まではその良さが活かせていなかったけど。

 

そしてそのラップバトル、他の出演者はちゃんと出られたのだろうかとかそんな心配ばかりしてしまうんだけど(笑)。だって頭下げてくるから来たのに結局時間なくなったんでいいです、とかなったらめっちゃ印象悪くなるよ。きっとちゃんと出たのだと思おう。ああいうのって多少時間が延びたりずれたりするのってよくあることだし。

あと、急な飛び入り参加の上に自分を無視してラップをやられて予定狂いまくりなのに、空気を読んでしかも一気に流れを引き戻したDOTAMAすごすぎ、となった。さすが伊達にテレビに出ていないなーと。私はテレビに出たことはないから分からないけれど、やっぱりテレビに出るというのはものっすごく色々鍛えられるのだなと思うよ。

 

最後の2人のシーン、「前よりもっと好きになった」「だって今のつかポンは、私の前で笑ってくれるし泣いてもくれるでしょ」ってほんといい台詞だよなーと思ったよ。こういうところなんだよね、沙也加のこういうところが司にとって本当に励みになっているしありがたいところなんだろうし好きだなと思うところなんだろうな。私も沙也加みたいな奥さんが欲しい!と毎週言っている気がするけども。

毎週観ていて、ほんと良かったなあ、としみじみするドラマでいいなと思う。来週も楽しみだなーと思っていたら『奇跡の人』1番流すんかい!ええ!?、となったよ。あえて流さないのだと思っていたからびっくりした。

 

 

そして来週もまた色々ありそうで楽しみー!次回予告見るとなんだかとんでもない事実が発覚しそうだし。早く土曜日になってくれ!

 

あと今更気付いたから今さらっと書くけど、『ウチの夫』を字幕付きで観ると、司の台詞が黄色なんだよね。関ジャニでの錦戸くんのメンバーカラーが黄色だから?、とか思ったりした(ただの偶然かもだけど)。

そしてこれを書くにあたって、錦戸くんのメンカラってほんとに黄色で良かったよね、と確認すべくググったら、(事実かどうかは分からないけれど)「錦戸くんが黄色になった理由はバナナ」とあって思わず吹いた。

(でもってこれを書くにあたって、横山くんと錦戸くんのバナナジュース事件を改めてググって読んでまた大笑いするっていうね。知らないという人は皆ググって読んだらいいよ)

 

 

m-yamabiko.hatenablog.jp

m-yamabiko.hatenablog.jp

m-yamabiko.hatenablog.jp