都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMP、時たま関ジャニ∞

『誰かを好きになるというのは解像度が上がること』

こんばんぬ 反省したよ ベリカです

最近特にこの最初の部分長くね?、ということに薄々気付いていたのだけど見ない振りをしていたよ。でも長いよね。本題に行くまでかかりすぎだな、と反省をした。ので今後は多少なりとも短くしていきたいところ。

そういやさ、「やってしまったと思っても直さないのならそれは反省ではなく後悔」と前にツイッターで見て、あああああああああ……(頭を抱える)になったよね。果たして今後、反省になるのか後悔になるのか乞うご期待!(間違い)

 

 

さて本日はツイッターで以前見かけて、そうだよなあと思った話。

RTで流れて来て、特にいいねも何もしなかったのでもうどこにあるのか分からないのだけど、『誰かを好きになるというのは解像度が上がること』というツイートを見かけて(多少文章は違っていた気はするのだけど内容はそんな感じ)、あーそう!そうそう!となった。誰か、何かを好きになるというのは一気に視野が広がったり今までぼんやりしていたものがはっきり見えるようになったり、何でもない日常がキラキラ輝き出したりするんだよね!と思う。

遥か昔の中学高校時代、それぞれ学校に好きな人がいて、安定の片想いだったし当時は色々あって学校に行きたくなかったことも多かったのだけど、好きな人が学校にいたから行けたんだよなと思う。特に高校2年の時はちょっとまあ色々あって、もし仮にあの時好きな人が同じ学校にいなかったら確実に不登校になっていたと思う。とはいえ別にそんなガンガン話しかけたり出来るような性格でもなかったから基本見ているだけだったのだけど、その人がそこに存在しているということが幸せだったし励みだった。

 

 

そんなこんなで大人になって働くようになって一人暮らしもするようになって、単純に働いてお金を稼がないと生活出来ないようになった。のだけどやっぱりしんどい時もある。というか毎日ある。出来れば仕事に行きたくない。家でごろごろしたいし遊びにも行きたい。仕事に行ったらめっちゃストレスたまるし休みたいし行く前から帰りたい。

とか思うけれど、ありがたいことに今はアイドルの皆さんが幸せと励みをくれるのだよね。

めっちゃしんどくても、今日は帰ったらあのDVDを観るぞ、とか、今日はあの番組やるし、とか、お金稼がなコンサートに行けない、とか、色々思うと頑張ろうってなるんですよ。それに、仕事でめっっっっっっちゃくちゃ腹立つことがあってもスマホの待ち受けを見ると、そこにはすっっっっっっっっっさまじく可愛い笑顔の関ジャニ錦戸くんがいてね、それを見るとイライラも吹っ飛ぶというか、はぁぁぁぁぁ可愛いぃぃぃぃぃ、となって気持ちも高揚してくるんですよこれが!

 

もちろんJUMP(裕翔くん多め)も山ほど画像フォルダに入っているので、はぁぁぁぁぁ可愛いぃぃぃぃぃカッコいいぃぃぃぃぃとなっているわけなのだけど、最近私の好きに関ジャニも追加されたことで、解像度が上がる、というのがすごい分かるなあ、と思った次第。

今までぼんやりしていたことがはっきり見えるようになって来て、この人ってこういう人なんだというのがなんとなく分かって来て(もちろんまだまだなんとなくレベルではあるのだけど)、あの時ああ言っていたのがここに繋がるのかとかいうのも分かって来て、今まで点と点だったのが線で繋がっていく感覚も久々に感じて、要するに何が言いたいかといえば毎日楽しいよってことです。楽しい!人を好きになるって楽しい!まさかこの歳で中高時代の再現が出来るとは思わなかった!って誰かのファンになる度に思うんだけど鳥頭だから毎回それを新鮮に感じることが出来るっていうね(笑)。

 

 

なんだけど、「楽しむという言葉の意味は悩んだり苦しんだりすること」(by 野球評論家 野村克也氏)であって、そして解像度が上がって色々見えるようになるというのは決していいことばかりではないんだよなとも思う。時には知らなくていいことを知ってしまうこともあったりとか、ぼんやりとしか見えていなかった頃の方が綺麗に見えるとかあるんだよね、どうしても。

なので楽しいというのが、イコール何も辛いことが無くて幸せというわけではなくて、色々と辛いことや苦しいことなんかもあるのだけど、でも私のようなキングオブダメ人間は好きな人がいることでなんとか人間らしい生活を保って行けるのだろうなと思ったりもする。そういう活力がなかったらおそらくニートになってる。

 

なのでほんとアイドルの皆さんには感謝しかないし、解像度が上がる生活もありがたさしかない。生きるっていうのは身体の栄養だけではなく心の栄養も摂る必要があるのだと思うし、どちらも偏れば健康が阻害されるんだよね。

今日も私も生かしてくれてありがとう。アイドルの皆様。

全く纏まっていないけれど本日はこの辺で。