都会で奇跡のやまびこ?

Hey! Say! JUMPと関ジャニ∞

裕翔くんのことと圭人くんのこと(要するにとりんとりん)

こんばんぬ そういや来年 ベリカです

昨日誕生日だったんですけども、ネットを見ていたら来年の干支がいのししと書かれていてそういやそうだった、と。来年が年女なんですよ。なので12歳になりますーっておいこら(笑)。仕事行って飲みに行く12歳大問題(笑)。

 

なんで突然誕生日の話なんかしたかといいますと、昨日!裕翔くんが!2年連続の!ベストジーニスト受賞!という素晴らしい報があったからです。10月15日がベストジーニストの発表と聞いてからずっと、誕生日プレゼントに裕翔くん2連覇来てくれ!と密かに願っていたので。なのでもちろん来年は裕翔くん殿堂入りのプレゼントが欲しいです!(誰に言っているのか謎ですが・笑)。

WSも見ましたけどもめっちゃくちゃカッコ良かったですね裕翔くん!もちろんいつなん時もカッコいいんですけども!めちゃくちゃカッコいいなあと改めて思いました。顔だけでなく背も高くてスタイルもいいから似合うんですよねジーンズが。

そういやマイケルジャクソンのポーズ、最初写真で見た時はあのポーズのまま写真を撮っていたのかと思ったんですがWSで見たら一瞬で、カメラマンさんよくあの一瞬を捉えてくれたよありがとう感謝しかないよ!となりました。あのポーズがまためっちゃくちゃカッコいいですよね!今回やたら『!』マークが多いんですけどもそれだけ興奮しているということで。

 

そして『SUITS』の第2話も面白かったですねー。裕翔くん大活躍でしたし。それぞれの出演者との絡みも面白くてほんと楽しみです。視聴率はちょっと下がってしまったようですけど1話の見逃し配信が過去最高に見られたという話もありますし、別に今回に限らずですけどリアルタイムで番組を見ることって減って来てますからねー。どうしても視聴率で色々語られがちですけども、多角的に評価されたらいいなと思います。私が見る限りでは原作ドラマファンからも高評価ですし。

 

 

昨日のベストジーニスト授賞式の様子を見て改めて思ったのが、やっぱり人間自信を持つと全然変わるよなーということでした。私はド新規なので過去の裕翔くんやJUMPのことは映像や文章でしか知らないわけなんですけども、急に背が伸びたりそのせいでポジションが後ろの方になったりしていた頃とモデルの仕事をするようになって身長を活かせるようになってからとは、やっぱり輝きが違うんですよね。もう表情からなにから。もちろんどの時代も真剣に真面目にお仕事に取り組んでいたとは思うんですけども、湧き出るオーラみたいなものってそういう努力とはまた違うところにあるんだろうなとも。

また月9に呼ばれたり(しかも主役クラスで)、ベストジーニスト2連覇だったりということも裕翔くんの中で自信となって積み重なっているのだと思いますし、授賞式での輝きを見ると来年もぜひあの場所に!!!と思わずにはいられないです。

 

 

 

そしてジャニWebで圭人くんのブログも更新されましたねー!寮生活を送りながら勉強を頑張っているようで、圭人くんが日々色々なことを吸収しているのを垣間見れてこちらとしても嬉しいです。ちょろっと読んだだけでも相当厳しいというかものっすごい色々なことを教えてもらえる学校なのだろうなと思いますし、本当に遊んでいる暇などないのだろうなとも。2年間がっつりエンターテイメントの勉強をした圭人くんが帰って来た時にどんな風になっているか本当に楽しみです。

 

先程、自信が人を変えると書きましたけども、圭人くんもそこに当てはまるよなと思っています。実際相当大変だと思うんですよ学校生活。油断していたらあっという間に取り残されてしまうようなところだと思うんですね。もちろん学校だけではなくJUMPのメンバーも日々どんどん成長して上に行っているわけで、圭人くんはそれ以上のスピードで駆け上がって行かなければならないわけです。

ただ、それが出来れば本当に圭人くんの中で自信になるでしょうし一気に変われるとも思うんですよね。誰よりも優しいというその良さは活かしたままいい方向に向かえると思うんですよ。なので2年間突っ走って欲しいです。

 

 

今回のツアーは静岡に行かせてもらいまして、まだツアー途中なので詳細は避けますけどもあくまで私が感じたこととしては圭人くんの居場所はちゃんと残しているのだな、ということでした。別に8人が物足りないとかあそこ空いているなとかではないんですよもちろん。ただ、ネタバレになるかもなのとあくまで私が感じたというだけなので詳しくは書きませんが圭人くんが戻ることを踏まえて今8人でやっているのだなと感じたんですよね。

なのでほんと2年後が楽しみですし、9人揃ったHey!Say!JUMPが早く見たいです。